コンクール予選に向けて体験版ソフトで練習が可能 

コンクール予選に向けて
7月9日(月)~9月30日(日)まで
体験版ソフトで練習が可能


第7回毎日パソコン入力コンクール予選
 計算(算数)部門・フラッシュ計算部門


 今年の秋に予定されている第7回毎日パソコン入力コンクール(計算部門・フラッシュ計算部門)予選会に向けて、インターネットを使って体験版ソフトによる練習が可能になる。期限は7月9日(月)から9月30日(日)まで。
 全珠連では、昨年の第6回コンクールから新設された第Ⅱ類基礎学力向上(計算の部・フラッシュ計算の部)に共催として参画している。
競技方法のうち、インターネットによる方式(計算の部・フラッシュ計算の部)では、コンクールホームページから参加者登録を行い、インターネット経由で参加する。
 また、プリント問題形式では「計算部門」が10月21日(日)の平成19年度全日本通信珠算競技大会で実施される。
 インターネット方式によるコンクール予選会の実施は、10月1日(月)から10月31日(水)間での1か月間。インターネットによる参加は期間中、何回でも挑戦できる。
 参加資格は小学生・中学生。全珠連会員教場の生徒は計算の部・フラッシュ計算の部ともに無料。(一般の参加者の参加料は700円)ただし、インターネットでの参加は全珠連ホームページからの参加が条件となる。

めざすは全国大会(写真は昨年度実施の第6回大会)

※めざすは全国大会(写真は昨年度実施の第6回大会)

詳細は全珠連本部事務局まで。
       http://www.soroban.or.jp
        (または「全珠連」で検索)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/97-7e6f5d62