新1年生と父母のつどい ご入学おめでとう大会 

各地の話題・沖縄

与座信一広報部長のイベントレポート
沖縄タイムス主催
 「新1年生と父母のつどい
     ご入学おめでとう大会」


 地元新聞社・沖縄タイムス主催による「新1年生と父母の集い」が1月から2月にかけて県内3会場で実施、全珠連沖縄県支部がそろばんPRのため、この催しに参加した。以下は、与座信一氏(同支部広報部長)のレポート。

新1年生にそろばん教育のPR

 沖縄県支部はそろばんのPRのため、毎年、そろばんフェスティバルを各地域で行ってまいりましたが、このたび、新聞社主催の「ご入学おめでとう大会」への参加依頼がありました。新入学1年生を対象に30年前から行われている行事です。
 「そろばんを習っていない子どもたちとご父母に直接アピールできるチャンスでもある」との思いがあり、参加を決意。研教部を中心に、早速、準備を進めたものの、支部にとっては初めての行事。アトラクションや新1年生へのそろばんのPRをどうするか等、課題が山積の中、北部(1月27日 名護市民会館・500名参加)を皮切りに中部(2月12日 沖縄市民会館・800名参加)、南部(2月18日 那覇市民会館・1400名参加)の3会場で行われました。

ご入学おめでとう大会の開幕=名護市市民会館

※ご入学おめでとう大会の開幕=名護市市民会館

 2時に開演。沖縄タイムス代表取締役社長・岸本正男氏の挨拶で始まり、校長先生のお話や、お笑いコント(交通安全)・アトラクション(全珠連)の後、10分間の休憩があり、映画・バレー・お楽しみプレゼント抽選会で終了しました。 
 全珠連のアトラクションは幼稚園・1年生・10段取得者の計4名による読上暗算やフラッシュ暗算の実演。正答するごとに驚きの歓声が上がり、大好評でした。 

場内に驚きの声・読上暗算とフラッシュ暗算の実演=沖縄市民会館

※場内に驚きの声・読上暗算とフラッシュ暗算の実演=沖縄市民会館

 開演前や休憩時間、終了後のロビーでは、関係業者の展示場にたくさんの人が集まり、わが全珠連は「長~いそろばん」やフラッシュ暗算(パソコン3台)などをメインにPRする方向で進んだところ、そろばんを習っていない子どもたちやご父母も興味津々。「自宅近くの塾はどこにあるのか」等の質問もあり、予想以上の反響でした。
 後日、「1つの塾に約10名入学した」との話も出ておりますので、生徒増加対策のために今後も続けたい行事の一つとなるでしょう。

ロビーの展示場・全珠連コーナーは大人気=那覇市民会館

※ロビーの展示場・全珠連コーナーは大人気=那覇市民会館

関連サイト 沖縄県支部ホームページ
           http://www.88okinawa.jp

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/95-497e40fe