第1回人材育成講習会 

東京・渋谷から発進 全珠連の『新鮮力』
第1回人材育成講習会

精鋭たちが研鑽(さん)の春

 気象庁から桜の開花が宣言されたにもかかわらず、冷たい雨の降る中、平成19年3月25日(日)、東京都渋谷区の明治神宮と代々木公園に隣接した国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて『第1回人材育成講習会』が開催され、27日(火)までの3日間にわたって各地から集まった受講者が熱心に研修に励んだ。

充実の講義に集中=東京・国立オリンピック記念青少年総合センター

※充実の講義に集中=東京・国立オリンピック記念青少年総合センター

参加者40名の「絆」深まる

 「珠算教育の現状を把握し、将来に向けて更なる珠算教育の発展と連盟の飛躍に力を注げる人材の育成、ならびに会員間の絆を深めることにより、情報交換や協力体制を確固たるものとする」を目的としたこの講習会は、平成3年を最後に休止された幹部養成講習会のミニ版のようではあるが、内容の充実さはひけを取らず、全国各支部から支部長推薦の精鋭40名(男性25名・女性15名)が参加することとなった。
 当日午前9時42分ごろ発生した能登半島地震の影響により、少し遅れた参加者があったものの、午後1時15分からオリエンテーション並びに開講式が行われた。大竹研修学教委員会副委員長の開式のことばに引き続き、ここ数か月の間に、急逝された土師民三郎先生(本部顧問)、黒川信次先生(本部参与)、岡本富三郎先生(徳島県支部長)の冥福を祈り、黙祷が捧げられた。
 全珠連歌斉唱、賀藤理事長、村上研修学教委員長の挨拶、祝電披露、委員紹介、事務局紹介を経て開講式が終了し、午後2時10分から第1講座が始まった。

全国から集まった受講者。同士の輪、広がる。

※全国から集まった受講者。同士の輪、広がる。

一同で記念撮影。

※一同で記念撮影。

講座内容と担当講師は次のとおり。

3月25日(日)
<第1講座 14:10~15:50>
「社団法人(公益法人)と全珠連史について」
  理事長 賀藤 榮治

<第2講座 16:00~17:30>
「連盟の組織と運営について」
  副理事長 梶川 眞秀

3月26日(月)
<第3講座 9:00~10:30>
「教場繁栄の一手」
  広報教場委員長 工藤 壽和

<第4講座 10:50~12:20>
「IT化のすすめ」
  研修学教委員会委員 能登 金文

<第5講座 14:10~15:50>
「現職教員珠算研修会の意義と今後について」
  研修学教委員会委員 岡久 泰大

<第6講座 16:00~17:30>
「珠算史(子どもに聞かせる易しいそろばんの歴史)」
  珠算教育研究所主任研究員 谷 賢治

3月27日(火)
<第7講座 9:00~10:30>
「算数科のそろばんとボランティア授業」 
  研修学教委員会委員長 村上 次雄

----------------------------------

3月25日(日)
<自由討議 20:00~22:00>
「なぜ,ここにいるのか!」
  研修学教委員会副委員長 大竹 庸及

3月26日(月)
<パネル討議 20:00~22:00>
「そろばんの未来にむかって」
  研修学校教育委員会委員 澤田 悦子

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/92-6a931d29