通信大会トピックス 

青森
小4以下の部・中学校の部での日本一 
 三村申吾県知事に報告


 大会団体総合競技で見事1位に輝いた三沢市立上久保小学校(小4以下の部)、三沢第五中学校(中学校の部)の生徒6名が斎藤隆支部長、選手を指導した斎藤拓哉氏引率のもと、平成17年11月30日県庁を訪れ、午後1時から三村申吾県知事に祝勝報告を行った。
 知事は早速電卓を取り出して、暗算の問題を出題し、突然のパフォーマンスに生徒たちも戸惑いながらも全員正解。緊張もほぐれ,和やかな雰囲気で会話も弾んだ。知事からは「どの分野でも一番になるのは至難の技。これを自信として、更なる夢に向かって頑張ってください」と励ましの言葉が送られた。
 懇談は20分近くに及び、知事の音頭によってりんごジュースで乾杯が行われ、訪問した生徒たちも緊張の中にも感激、輝くトロフィーと、文部科学大臣奨励賞状を手に知事との記念撮影に笑顔で収まっていた。

(訪問した生徒)

上久保小学校チーム
  小笠原 駿くん(3年) 榊  歩夢くん(4年) 工藤 駿哉くん(4年) 

三沢第五中学校
  吉田 早織さん(2年) 小渡 堅太くん(2年) 嶋田真亜子さん(3年)

青森・三村知事に日本一の報告

※青森・三村知事に日本一の報告

栃木
優秀選手、FM栃木に出演

 11月3日、平成17年度全日本通信珠算競技大会(栃木大会)で優秀な成績を収めた選手たちが、宇都宮のFMとちぎ放送局に招かれ、ゲスト出演、そろばんのPRに一役買った。
 選手たちは少々緊張しながらも、インタビューの質問にハキハキと返答し、日頃のそろばん学習の様子や大会での成果を熱く語った。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/9-67d41b0c