関孝和先生顕彰第57回全日本珠算競技大会 

各地の話題・群馬県藤岡市

11月3日「ふじおか教育の日」に実施
関孝和先生顕彰第57回全日本珠算競技大会
  藤岡市で開かれる


 和算の大家、関孝和先生を顕彰する第57回全日本珠算競技大会が平成18年11月3日(文化の日)、先生の出身地である群馬県藤岡市の市民ホールを主会場に開催された。
 大会には北海道から沖縄まで24都道府県、72団体・394名が参加し、小学生、中学生、高校・一般の三部門で、団体、個人総合、種目別競技(読上算・読上暗算)が行われ、小学生の部の読上暗算では4年生の遠山学選手が優勝するなど各部門で熱戦が繰り広げられた。
 なお、藤岡市は、今年から11月3日を「ふじおか教育の日」と制定し、教育関係の事業にも力を入れており、小学校でのそろばん学習時間も増やされている。時間はかかるかもしれないが、藤岡市内の地元から、この大会で活躍する選手が出てくることが期待される。
 優勝した団体と個人は次のとおり。

【団体総合】
▽高校・一般 はやしそろばん総合学園本部教場(宮城)
▽中学校   三沢珠算塾(青森) 
▽小学校   三沢珠算塾(青森)

【個人総合】
▽高校・一般 土屋 宏明(宮城)
▽中学校   吉田 早織(青森)
▽小学校   桝田香代子(石川)

【読上暗算】
▽高校・一般 堀内 祥加(千葉)
▽中学校   清水 章臣(東京)
▽小学校   遠山  学(宮城)

【読上算】
▽高校・一般 古山 直樹(東京)
▽中学校   木塚 康太(東京)
▽小学校   高橋  菫(千葉)

自治体主導の全国的な競技会に72団体・394名が参加

※自治体主導の全国的な競技会に72団体・394名が参加

期待される地元選手の参加と躍進

※期待される地元選手の参加と躍進

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/73-c4a44de8