第14回長崎新聞暗算コンクール 

各地の話題・長崎

700名が珠算式暗算の妙技を競う!
新聞社が主催する「暗算」だけの競技会

第14回長崎新聞暗算コンクール

 地元、長崎新聞社主催、全珠連長崎県支部共催・主管による第14回長崎新聞県下暗算コンクールが、残暑なお厳しい9月3日(日)、佐世保市のアルカスSASEBOで開かれた。当日は県下各地から幼稚園・小学生・中学生までの700名が参加、勢ぞろいした珠の名手たちによる熱戦が展開された。
 開会では、主催者を代表して長崎新聞佐世保支社長・田川邦男氏が「暗算を通して、自分で考え、決断する力を身に付けてください」と激励した。
続いて全珠連長崎県支部長の山本文雄氏が選手を激励、さらに県議会議員・溝口芙美雄氏(長崎県支部顧問)がすばらしいメッセージを送って、選手を元気付けた。
 乗暗算・除暗算・見取暗算の3種目で争われる個人総合競技では300点の満点獲得者に金賞が、270点以上に銀賞が、そして270点未満に銅賞がそれぞれ贈られ、また、参加者全員に全珠連支部長賞が贈られた。
 続く読上暗算競技は幼児から中学生までの7部門で競われ、1位に金メダル、2位に銀メダル、3位に銅メダルが贈られた。主催者から賞状とともにメダルを手にした子どもたちは、2学期早々の「暗算」の日曜日を満喫していた。

地元の新聞社が主催する暗算だけのユニークな大会

※地元の新聞社が主催する暗算だけのユニークな大会

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/64-25659318