平成18年度長崎県現職教員珠算研修会 

各地の話題・長崎

佐世保市で夏のそろばん研修
県下高校教諭も参加

平成18年度長崎県現職教員珠算研修会

 平成18年度長崎県現職教員珠算研修会が8月23日(水)、長崎県佐世保市労働福祉センターで開催された。(NPO法人長崎県珠算教育振興会主催、長崎県教育委員会後援)
 猛暑となった当日、佐世保教育事務所管内の小学校教諭と県下各地の高校教諭多数が参加し、終始熱心に受講した。
 講師は谷賢治氏(珠算教育研究所主任研究員)が担当。「算数・数学の中のそろばん指導とその意義~先人の知恵に触れ、豊かな数感覚を目指す~」をテーマに約3時間の講習が展開された。
 受講者からは「すばらしい講習会で、参加して本当によかった」の声が多数聞かれた。
 なお、当日の開会式では、望月聡氏(長崎県教育庁指導主事)が県教育長の祝辞を代読し、本山修氏(佐世保市教育委員会学校教育課主幹)が佐世保市教育長代理として、受講者にメッセージを送った。

佐世保市教育委員会からの挨拶-猛暑の中の現職教員研修会

※佐世保市教育委員会からの挨拶-猛暑の中の現職教員研修会

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/63-f5c0e639