静岡県そろばんの日 

各地の話題・静岡

表彰者・保護者総勢1,100余名が一堂
静岡県そろばんの日
 (優秀模範生徒表彰式典)


 第42回静岡県そろばんの日(優秀模範生徒表彰式典)が8月25日、コンベンションホール・グランシップにおいて盛大に挙行された。(静岡県支部主催)
 本年度の受賞者は604名で、付き添いの保護者が約600名、来賓20名と多数出席の中、盛大に表彰者を祝った。
受賞者の資格は、珠算・暗算ともに1級以上に合格した者、中学生以上は段位、高校生は三段以上に合格(または昇段)した者と学習意欲のある模範生徒。 
 一人ひとりがステージで、クリスタル調の表彰楯を受け取る姿・様子が、舞台中央のスクリーンに大きく映し出されると、保護者は大喜びで、この様子を見守っていた。
 当日は平成17年度中の暗算十段合格者・古橋美里さんの表彰も行われ、また、そろばんの日の協賛事業である作文・詩コンクールの表彰と朗読も披露された。(1位のみ)
 なお、第2部のフラッシュ暗算とお楽しみ抽選会の様子も翌日の新聞に掲載され、テレビでも放映され、大きなPRとなった。
 杉山忠郎支部長は当日の祝辞で、「教育の基本は昔から読み書きそろばんである」と強調し、また、運営に当たった支部関係者は「珠算教育の発展のために、そろばんを一生懸命に頑張って来た生徒と珠算教育に理解のある保護者が一堂に集まる表彰式を『静岡県そろばんの日』として継続して行う予定です」と今後の意気込みを語った。

くわしくはこちらへ
  http://www.web-g.jp/sorobanshizuoka/

感激も倍加。スクリーンの大画面に映し出される表彰者。

※感激も倍加。スクリーンの大画面に映し出される表彰者。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/60-69bf17b6