まなびピア鳥取2005 

全珠連ブースは学びのオアシス
第17回全国生涯学習フェスティバル
「まなびピア鳥取2005」


 第17回全国生涯学習フェスティバル「まなびピア鳥取2005」は平成17年10月9日~15日の7日間、鳥取市の主会場を初めとする東部・中部・西部の四会場で開かれた。
 主会場の布勢総合運動公園内体育館では、鳥取県支部・大下良美支部長のもと、支部会員一丸となって全珠連ブースを開設、来場する人々にそろばんのすばらしさをPRした。

 このフェスティバルは、小さな子どもから高齢の方に至るまで、あらゆる世代の知識欲を刺激し、主体的に学ぶことの楽しさや大切さに触れることで、学びの輪を広げ、真の生涯学習社会の実現に向けて、大きな役割を担っている。
 今回の鳥取県開催では「夢砂丘 学びのオアシス探そうよ」のキャッチフレーズとともに学びとの出合い、人々との出会いを通して、一人ひとりの夢や可能性が大きく広がり、地域全体に活力が満ちるフェスティバルを目指している。
 なお、10日(体育の日)には一般入場者の来場前に秋篠宮様、紀子様が会場を視察された。
 残念ながら、全珠連ブースへはお立ち寄りならなかったが、お帰りの際、長桁そろばんを持ったパチとパッチーを見つけられ、中を覗き込まれる姿が見られた。

実力者の妙技に感嘆の声 屋外ステージでの暗算実演

 10日の屋外ステージでは、12時15分から県大会小・中・一般の部の優勝者3名と広島県の伊藤由夏さん(16年度全日本珠算選手権大会読上算・フラッシュ暗算優勝者)を迎えての模範演技が披露された。
このほか、乗除見取算・伝票算も行われ、実力者たちの妙技がスクリーンに映し出されると、見学者から驚きと感嘆の拍手が惜しみなく送られた。
 体育館内のブースでは、パチとパッチーのぬいぐるみがお出迎え。珠算歴史パネルや昔のそろばん、いろいろなそろばんが展示され、そろばん珠を使ったストラップ作りやパソコンを利用しての暗算コーナーにも人気が集まった。

長桁そろばんで見取算にチャレンジ

 また、125桁の長桁そろばんで見取算挑戦コーナーが設けられ、ここはいつも満席。
 「何十年ぶりにそろばんをはじいてみたが、指が思うように動かなかった。けれど楽しかった」という一般男性や年配の女性の姿も見られ、子どもから大人まで、まさに生涯学習フェスティバルにふさわしい全珠連ブースの盛況ぶりであった。
 このまなびピア、来年度は茨城県へと引き継がれる。

パチとパッチーがお出迎え

※パチとパッチーがお出迎え

フラッシュ暗算に会場どよめく

※フラッシュ暗算に会場どよめく

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/6-7d62bbff