滋賀県第28回大津そろばんまつり 

滋賀県第28回大津そろばんまつり
 近江八景の一つ「三井の晩鐘」で名高い三井寺で実施

有村治子文部科学大臣政務官(滋賀県支部顧問)も出席

 ゴールデンウィーク初日の4月29日、みどりの日にふさわしく、若葉が美しい大津市園城寺(通称三井寺)山頂に建立されている大津そろばん顕彰碑の前で、恒例の大津そろばんまつりが挙行された。
 今回で第28回を数えるこの催しには、来賓に有村治子文部科学大臣政務官(参議院議員・全珠連滋賀県支部顧問)が出席し、挨拶を行った。また、全珠連から賀藤榮治理事長を始め、近畿ブロックの正副支部長らが参列した。
 まず、記念碑の前で、総本山三井寺長史福家大僧正を筆頭に僧侶5名によってお経が唱えられ、古いそろばんの供養が営まれた。
 その後、観音堂書院において、会員の塾生52名による「そろばん腕くらべ」が開始され、参加者は日ごろの練習成果を存分に発揮し、楽しいひとときを過ごしていた。
 また、当日は保護者も多数参加し、そろばんの必要性・メリットを再認識してもらうよい機会となった。

読経の中、そろばん供養=滋賀県の三井寺

※読経の中、そろばん供養=滋賀県の三井寺

供養を行う賀藤榮治全珠連理事長

※供養を行う賀藤榮治全珠連理事長

有村治子文部科学大臣政務官も出席

※有村治子文部科学大臣政務官も出席

*大津そろばん
 かつてそろばんの産地であった大津。江戸初期、1612年、片岡床兵衛が長崎から中国式そろばんを持ち帰り、独自の改良を加えて、製造を始めたといわれている。当時の大津は東海道筋にあたり、近江商人の活躍や、京・大坂という消費地に近いことから大いに栄えた。
 この地に(社)全国珠算教育連盟の手によって大津そろばん顕彰碑が建立され、1975年(昭和50年)12月25日に除幕式が営まれた。

*三井寺(園城寺)
 大津市の三井寺は天台寺門宗総本山。近江八景の一つとして「三井の晩鐘」は有名。金堂前の鐘楼につるされた鐘は今でも朝夕、周辺に時を告げている。そのあたたかな音色のすばらしさは古くから知られ、「形の宇治平等院」、「銘の高雄神護寺」とともに、「音の三井寺」として「日本三名鐘」の一つに数えられ、その鐘楼は国の重要文化財にも指定されている。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/49-d154e771