FC2ブログ

みちしるべ 社会課題に対応することで持続的な成長を 

みちしるべ
社会課題に対応することで持続的な成長を
from 木田 稔(全珠連理事・公認会計士・税理士)

木田稔_convert_20190521155823

 最近、「SDGs(エスディージーズ)」という言葉をよく耳にします。

 ご高承のとおり、SDGs(SDGs:Sustainable Development Goals、「持続可能な開発目標」)とは2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」として国連の加盟国が2016年から2030年までの15年間で達成すべき国際目標を指します。

 持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、貧困や飢餓、健康や教育、安全な水の確保等、開発途上国に対する開発支援に始まり、エネルギー、働きがいや経済成長、まちづくり、さらには、気候変動、海や陸の豊かさ、平和や公正といった広範な目標が掲げられています。

 我が国では、安倍首相が本部長となりSDGsの推進会議が開催され、近年では自治体や公益法人等の非営利団体のみならず企業等の営利団体においても本格的な取組みが開始されつつあります。

 積極的にSDGsへの取組みを行う企業等は、これらの活動を単に「ボランティア」や「企業の社会的責任(CSR)を果たすこと」にとどまらず、むしろ、SDGsへの取組みを新たなビジネスチャンスの創生の機会と捉えています。

 自社の既存事業を分析し、「強み」、「弱み」を把握すると同時に、SDGsが示す社会課題の解決に貢献できる分野を模索します。

 社会課題の解決はいわば社会からの需要(ニーズ)であり、新たな参入すべき事業分野を示していると捉えるのです。

 その後、具体的な目標を設定した上で、これを経営課題とし、その進捗を定期的に把握し、必要な措置を講じます。

 SDGsへの取組みが、多様な利害関係者や社会との調和を生み、また、社会へのアピールや従業員等の関係者の士気向上も相まって、結果として、持続的な成長による中長期的な企業価値を向上させることが期待されます。

 全国珠算教育連盟は昭和28年の発足以来、珠算教育にかかるさまざまな課題に対応するため、研修、検定、教育普及活動を熱心に行い、社会からの期待に応えてこられました。

 皆様のご認識のとおり、今後、国際化や人工知能などの発展による情報処理技術の発展により、社会は加速度的に変化し、これまで以上に予想が困難なものとなると考えられます。
 
 このような環境のもと、今後の持続的な成長のためにどのような対応を行うべきか、SDGs等を参考に社会課題を敏感にとらえると同時に現状を冷静に分析し、取り組むべき目標とこれを実現するための課題を掲げ、定期的に取組み状況について分析を行い、会員の先生方、支部、本部の役員が一丸となって戦略的に取り組むことが求められているのではないでしょうか。

 先生方の益々のご活躍を祈念いたしております。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/487-f70a344e