FC2ブログ

第5回教育座談会 ソロバンスタイルⅢー魅力ある教室をめざしてー 

第5回教育座談会
ソロバンスタイルⅢ ー魅力ある教室をめざしてー

 第5回教育座談会が11月18日、全珠連本部事務局(京都市)において、「ソロバンスタイルⅢ―魅力ある教室をめざして―」と題して開催されました。 

111111.jpg

 珠算教育研究所前田珠樹主任研究員より座談会の趣旨説明と開会の挨拶後、午後12時30分、上野雄大研究員進行のもと、石川太郎氏(福岡)、乾勝善氏(奈良)、上芝砂希氏(和歌山)の3名に小沼光浩研究員を交え座談会がスタートしました。

 座談会では、3氏が各教室の理念や指導方針・教材をはじめ、これまで築きあげてきた「ソロバンスタイル」について活発な意見が交わされました。
 また、フリープレゼンテーションも行われ、各教室の魅力が紹介されました。

石川太郎 氏
1_convert_20190208095812
 「人間力の向上と主体性を大切にし、ご家庭と教室・地域が一体となり、珠算教育を通じて子育てをする」と語る石川氏。
 生徒・保護者・地域の方からの信頼も厚く、生徒一人ひとりに明確な目標を持たせ、自主的に練習する環境づくりについて紹介。

乾勝善 氏
2_convert_20190208095857.jpg
 「珠算指導の原点は、当初『できた!』と喜ぶ生徒の目の輝きに魅せられたこと」と語る乾氏。
 生徒一人一台のオリジナルタブレット教材を用い、一歩先行く最先端の教室として、生徒が楽しく珠算学習に取り組む環境づくりについて紹介。 

上芝砂希 氏
3_convert_20190208095918.jpg
 「人に対する優越感ではなく、自分に対する肯定感を大切にし、生徒一人ひとりに達成する喜びと、自信をもたせるように指導している」と語る上芝氏。
 保護者とのコミュニケーションにおいてもスマートフォンのアプリを使い、保護者に支持される教室運営について紹介。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/469-dc65bdfd