FC2ブログ

みちしるべ 相手も自分も大切にするコミュニケーション 

みちしるべ
相手も自分も大切にするコミュニケーション
from 大木 桃代(全珠連学術顧問・文教大学教授・東京都国分寺市教育委員・東京大学医科学研究所非常勤講師)

222.jpg

 私たちが円滑な人間関係を営む上で、良好なコミュニケーションが重要なことは、皆さんはよくご存じですよね。日頃からの生徒指導はもちろんのこと、日常生活においても良好なコミュニケーションを心がけておられることと思います。しかし残念ながら、いつもうまくいくとは限りません。そのような時には、少し距離を置いて、自他の言動を冷静に分析してみてはいかがでしょうか。

 私たちが自分の意見を相手に伝える時には、大きく三つのパターンがあります。

 一つ目は「攻撃的(アグレッシブ)」です。これは、自分の考えや気持ちを相手に押しつけて言い負かしたり、一方的に命令したりするやり方です。その背景には、「自分の考えは絶対に正しい」「自分の考えが通らないと我慢できない」という心理があります。このような人は、他者が従属しないと満足せず、対等で安心した関係を持てないため、結局孤立する怖れがあります。

 二つ目は「消極的(ノン・アサーティブ)」で、自分の考えや気持ちを何も言わなかったり、相手に伝わるようには言わない方法です。「もめごとは避けたい」「相手から嫌われたくない」「責任を逃れたい」という心理が働いています。いつもこのような表現をする人は、負担や忍耐が大きなストレスとなってしまいます。

 三つ目の「自他尊重(アサーティブ)」は、相手も自分も大切にする表現方法です。自分の考えや気持ちを明確に捉え、相手に正直にわかりやすく伝えます。同時に、相手の考えや気持ちも受け止め、理解しようとします。意見を出し合って、歩み寄りながらお互いに納得のいく結論を出そうとします。相互尊重の精神と、相互理解を深めようという自他を大切にする思いに裏付けられているのです。

 私たちはつい自分の考えを通そうとしたり、反対に自分の意見を言わずに穏便に済ませようとすることがあります。その場に適切な対応として、時には必要なことでしょう。しかし、いつも人を責めたり、我慢したりするだけでは、相手や自分を大切にしているとはいえません。困った時にはちょっと立ち止まって、どのようなパターンのやりとりが生じているのか、分析してみてください。みんなが幸せな気持ちになれるようなコミュニケーションを心がけたいですね。

※連盟機関紙「全国珠算新聞第633号(2019.1)に掲載

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/467-e90aa9d0