FC2ブログ

小学校現職教員研修会 

小学校現職教員研修会

 東京都北区の小学校教諭を対象に谷賢治先生の「第3・4学年のそろばん指導と算数・数学へのそろばんの活用」という研修会が開催されました。

DSCN0386_convert_20180920155116.jpg

 校長先生をはじめ北区算数研究会の先生方が60名ほど出席し、谷先生がボランティア授業に行かれた小学校の先生10名ほどは「楽しみにして来ました」と仰っていました。

 リクエストに応じて「歴史」は5分ほど、「算数科におけるそろばん指導の意義」を7項目にわけ、また受講者を3年生と見立てそろばんの使い方を授業さながらに行いました。

 半数以上は運珠もままならず、そろばんを弾いたことがないのでは?と感じました。

 「最小公倍数」「最大公約数」は図解を使ってそろばんでの考え方をとても明確に説明されました。

 「おつりの計算」においてはそろばんの枠を超えて、観点を変える・多面的な見方など子供たちへの想いを話されました。

 算数のプロを対象とした講義は歯切れよく、1項目に対して10個もの例が出るという位、知識の広さは圧巻でした。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/450-04c02363