FC2ブログ

ボランティア授業 於:滋賀県 

ボランティア授業
於:滋賀県

A_20180824150131aef.jpg

 平成29年度、そろばんボランティア活動を紹介いたします。

 毎年早い学校で9月から依頼があります。

 以降12月から1月早々、2月がピークで3月まで学校に出向きます。

 各学校からは丁寧に依頼があり、会員も誠心誠意対応させていただいております。

 迎えてくれる先生や子供たちの今か今かという声が、風の便りで聞こえてくるような雰囲気です。

 学校に行くと子供たちは元気よく迎え、教室へ案内してくれます。

 私たちも毎日子供たちと接してはいるものの、このときばかりは少なからず緊張と新鮮な気持ちを覚えることに感謝をしております。

 先生、子供たちからもよろこばれてうれしい反面、心身ともに疲れる様子で、ますますの高齢化もあり、いろいろな課題が出てくることが懸念されます。

 今後の活動においては皆で英知を結集して、続けられることを願っております。

 ここで指導状況をご報告いたします。

 そろばんの発祥の地、大津そろばんについて、そろばんの記念碑が大津市の三井寺の中腹に建立されていること、そろばんの由来について五玉2個の中国そろばん等の紹介から、そろばんを使っての指導に入る。

 まず、各部分の名称、玉の読み方、人差し指、親指の使い方等の反復、子供たちは楽しく繰り返す。

 中には左利きの子供たちも少なくありません。

 どうしても右手でやりづらく、思うようにならなくて左手指ではじくことにする子供もいます。

 読み方においては理解はできているようです。

 「たのしいそろばん」を教材として順次進めていき、1たす2、6引く1の指を正しく使うことに注意して進めていきますが、中には思うようにできない子供もいて根気よく進める状況です。

 反面できる、できたと楽しく進める子供もあり、終えた子供たちの感想は、楽しかった、面白かったという声を聞くとひとまずホットした気分になりGOGOそろばんでがんばろうと心に誓うボランティア活動でした。 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/443-d60a99cc