FC2ブログ

新春恒例 はじき初め大会 於:橿原神宮(奈良県) 

新春恒例 はじき初め大会 
於:橿原神宮(奈良県)

 1月3日、橿原市にある橿原神宮にて、新春はじき初め大会が開催されました。

072DC506-FB2D-414B-BB2D-4E02F8776CC1_convert_20180226144442.jpeg

 橿原神宮は、初代天皇であり日本建国の始祖・神武天皇が祀られている歴史ある神社で、県内外からたくさんの方が足を運ばれます。

 毎年大きな絵馬がかけられる正面入り口に向かって右手、外拝殿横にて「はじき初め」を執り行っております。

 寒い中、手をさすりながら列ぶ子供たち。

 時間が来ると、前に座りたい子、端っこで保護者の近くでやりたい子、自分のやりやすい場所を我先にと席の取り合いになります。

 鮮やかな水色またはピンクの法被を着せてもらい、この日だけ使える長~いそろばんを握るとみんなの顔がキラッと笑顔になったのが印象的でした。

 読み手の先生が数字を読み上げると今度は真剣な顔つきになり、正解を伝えると、元気よく「あってた~!」と言う子供や、恥ずかしそうにそっと手をあげる子供、その様子をカメラ越しに笑顔で見守る保護者たち。

 最後のくじ引きも子供たちの楽しみの一つで、終わった子供たちは急いで会場を出ていきます。

 そのワイワイとにぎやかな様子を、通りすがりの人たちが「なんだなんだ」とこちらをのぞき込んでいました。 

 法被から手が出ないくらい小さな子から、有段者と見られる中高生まで多くの人が参加してくださり、大盛況に終わりました。

 はじき初め終了後、絵馬掛を見に行くと、「検定に合格しますように」「もっとそろばんが上手になりますように」など、意欲ある願い事がたくさん見受けられました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/413-d4f20502