FC2ブログ

第27回学術顧問会議 -2020 未来に向けて- 

第27回学術顧問会議
-2020 未来に向けて-

 第27回学術顧問会議が11月19日、京都市「新・都ホテル」において開催されました。
 総合司会の前田珠樹珠算教育研究所主任研究員より学術顧問及び連盟役員の紹介、岡久泰大所長より趣旨説明の後、小沼光浩研究員の進行により会議が開始されました。
 また、会議に先立ち当連盟の学術顧問として長きにわたりご指導を賜り、去る5月にご逝去された故中野敏雄先生を偲び黙祷を捧げました。 


1
2
3

 今回のテーマは「2020 未来に向けて」と題し、
一.新学習指導要領
二.人工知能時代の教育とは
という二つの議題について学術顧問から貴重なご意見が出され、活発な議論が交わされました。

 冒頭、平上一孝理事長が「珠算教育活動を通して人間力を高め、有義な社会人として送り出していくことを念頭に、連盟として活動する」「学習指導要領の改訂の公示の年で、学術顧問の高い見識の中からご指導賜ったことにより、引き続き小学校3年生4年生で珠算学習ができる環境が整ったことは珠算指導者として大きな喜びであり、連盟もそれに向けた新たな一歩を踏み出し着実に成果あげていくよう努力していかなければならない」と挨拶を述べました。

 会議では、
・逞しく対応できる人間、人間ならではの強み
・主体的、対話的で深い学び
・人との会話の中で人の考えと自分の考えの比較
・どのように学ぶか、また何ができるようになるか
・意志持続についての個人差
・ストレス社会を生きるには
・暗算による海馬の発達と記憶力の向上
・人工知能時代におけるそろばんの方向性
など活発に協議がなされました。

 また今回新企画として、学術顧問からの3分間スピーチも行われました。

 途中休憩の前に前田珠樹主任研究員より平成28年8月に行われた第98回日数教(岐阜)大会における取り組みについての報告が、また3分間スピーチ後に上野雄大研究員より平成29年度全日本珠算選手権大会参加者へのアンケート調査の結果報告がありました。

 会議終了後、研修学教委員会澤田悦子委員長の司会進行により懇親会が行われ、和やかな雰囲気のなかすべての予定が終了しました。当日参加の学術顧問は、上垣渉・大木桃代・河野貴美子・久保田競・清水静海・中野靖彦・八田武志・渡邉一衛(五十音順、敬称略)。なお、詳細に関しては珠算春秋102号に掲載予定。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/398-429f0770