FC2ブログ

珠算指導者研修会(宮崎県) 演題:小学校におけるボランティア授業/高齢者ボランティア授業 

珠算指導者講習会(宮崎県)
演題:小学校におけるボランティア授業/高齢者ボランティア授業

P8271180_convert_20171026174301.jpg

 平成29年度珠算指導者講習会を8月27日、宮崎県珠算会館にて行いました。今回は小学校におけるボランティア授業・高齢者ボランティア授業というテーマで、会員の中より3名の先生方に代表として講師をお願いしました。会員43名中32名、会員外からも2名の参加があり、熱心に耳を傾けておられました。

 小学校のボランティア授業では髙萩啓紀先生が、たのしいそろばんの冊子を使っての授業、歴史の紹介、筆算とそろばんの計算の違い、暗算ができるようになる等々、そろばんのよさを知らしめることが大事であるという話をされました。

 今村聖先生は簡単なフラッシュ暗算、そして授業の後にクイズで参観に来られている学校の先生方も交え大盛りあがりの楽しい授業の様子を話されました。

 また、野崎僚子先生は、高齢者の授業をしている中で、弱々しい字を書かれていた方が日を増すごとにしっかりした数字を書けるようになったり、15級から検定を受け、合格者の証書授与の日は、園のほうで垂れ幕を用意され拍手の中で手渡されているなど話されました。

 500年も前から受け継がれている日本古来の伝統文化であるこのそろばんも現在は脳育として取りあげられる時代、そろばんに携わる者として、まだまだがんばらなければと心を燃やした日でした。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/392-dd43ccbc