第52回全国珠算研究集会 開催 

珠友に福呼ぶ「善光寺木遣(や)り」

風光明媚、残雪長野市で
 第52回全国珠算研究集会 開催
       
 日本の中央に位置し、アルプスの山々に囲まれ、日本史にも多くの名を残す長野県。平成18年3月27日、第52回全国珠算研究集会が、この風光明媚の地「長野市若里市民文化ホール」を会場に盛大に開催された。(主催・社団法人全国珠算教育連盟、後援・文部科学省、長野県、長野県教育委員会、長野市、長野市教育委員会、NHK長野放送局、SBC信越放送、信濃毎日新聞社)
 当日は、全国各地から約500名の珠友が参加し、開会前、午前9時、慶事にのみ、お披露目しないという「善光寺木遣(きや)り保存会」による「木遣り披露」が厳かに、華々しく行われた。
 続く開会のセレモニーでは、主催者を代表して賀藤榮治理事長から次の挨拶があった。
 「珠算復権と昨今言われている中、全国の会員がより研鑚して、次回は研究発表者の一人として、この研究集会に参加してほしい。本日が各位の大いなる財産となることを祈念したい」。
 また、後援者である文部科学省から嶋貫和男氏(初等中等教育局参事官)が次のように挨拶し、参加者に激励のことばを送った。
 「生涯学習に役立つものは基礎・基本であり、それがあって生きる力が生まれる。いつの時代も学びの基本は、読み・書き・そろばんであり、そろばん学習によって基礎学力を養い、確かな学力向上を期待している。
 健やかな子どもたちの成長の助けとなるような皆様の活躍をお願いしたい」。
 この後、参加者は午前10時30分からの部の講演、午後の部のパネル討議を熱心に聴講し、次回開催地・長崎での再会を誓い合った。
(特別講演、パネル討議の要旨は別に掲載)

開会前のセレモニー=善光寺木遣り

※慶事のみに披露される善光寺木遣りの始まり。開会前のセレモニー

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/39-844eb516