アニメーション映画「算法少女」 京都市「みなみ会館」で上映 

アニメーション映画「算法少女」
京都市「京都みなみ会館」で上映
平成29年7月18日(火)~23日(日)の6日間
京都市・同志社中学校生徒の算額絵馬が展示

 昨年12月に東京で先行公開されたアニメーション映画「算法少女」が7月18日(火)から23日(日)までの6日間、京都市「京都みなみ会館」で上映されます。
(公益社団法人全国珠算教育連盟ほか協賛)

 映画では、町医者の娘・千葉あきが算法に目覚め、成長していく中で、算法仕合(対決)等の白熱した場面もあります。また、珠算教育のルーツの一つともいえる和算等に深く関係のある内容が含まれています。

 なお、このたびの上映にあたり同館・吉田館長のご好意と和算を授業に取り入れている同志社中学校・園田先生の協力によって、同校生徒が作成した算額絵馬が展示され、そのほか算木や五つ玉そろばん等が飾られています。

 昨今の「江戸ブーム」とも相俟って、和算・算法とアニメーションとが融合された作品であることから、アニメ好きの珠算学習者にもおすすめです。

 日程は次のとおりです。なお、期間中に外村監督の舞台挨拶も予定されています。

<映画名>
「算法少女」(制作:赤の女王)
<会 場>
京都市「京都みなみ会館」
<上映日>
平成29年7月18日(火)~7月23日(日) 
<上映開始時間>
18日(火)~21日(金) 17:30~
22日(土) 14:55~ ※上映後、外村監督の舞台挨拶あり
23日(日) 20:40~
<料 金>
一般/1,500円
大学生/1,300円
シニア/1,100円 
小・中・高/1,000円

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/387-b5999b59