以心伝心 「いきいき生徒」と「ハッスル先生」  

以心伝心「いきいき生徒」と「ハッスル先生」
第52回全国珠算研究集会パネル討議

「そろばん維新」~あなたの教室が変わる~

パネラー 
 茨城県 小沼 光浩
 東京都 松木 隆夫
 愛知県 前田 珠樹
 沖縄県 宮城 忍人

           (敬称略)

コーディネーター
 能登 金文 研修学教委員会委員

各パネラーが4項目に分けて説明

※教室に明日から取り入れられるヒントを伝授。各パネラーが4項目に分けて説明。


 パネル討議は能登委員による進行で開始された。
 各パネラーが自ら作成した映像を見ながら
 ①イントロダクション②オピニオン③アクティビティ④.プランの4項目に分けて、それぞれのキーワードについてスクリーンを使っての説明が行われた。これからの全珠連を担う若い先生のユーモアを交えた解説に会場の参加者も真剣。
 毎月異なる大会や行事を行い、授業に変化を持たせている小沼氏。
授業以外のことにもパソコンをフル活用している松木氏。
数学の考えを珠算にも取り入れて、「そろばんワンダーランド」を目指す前田氏。
 幼稚園児にリズムよく、初歩指導する宮城氏。
 サマースクールや保護者同席の無料体験入学の実施、園児対象の小学校入学準備教室や数学クラスの解説等々、そろばん教室の更なるイメージアップを考え、それぞれ独自のアイディアと工夫を凝らした授業が映像に映し出され、生徒が笑顔で、いきいきとそろばん学習をしている姿は印象的。
 これからの取り組みとして、各位は、パソコンを使っての2つの教室同時大会の実施やシルバークラスの開設、初歩からの両手指導や小学生の金銭教育への試みなど、新しいことにもどんどんチャレンジしていくと発表した。
 「将来の夢はそろばんの先生」と子どもたちに言わせるように、最後に「後継者育成がこれから必要である」と結んで、終了となった。

白熱のパネル討議「そろばん維新」

※各地から新進気鋭の4名がパネラーに。白熱のパネル討議「そろばん維新」

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/36-faf22e74