【開催案内】歴史から学ぶ珠算講座 

日本そろばん資料館企画
歴史から学ぶ珠算講座開催案内
桜に誘われて東京へ・・・おいでください

 4月3日(月)、日本そろばん資料館において「歴史から学ぶ珠算講座」を開催いたします。

 まだ、寒さ抜けぬ今日この頃です。
 春の一日、先生方のさらなる知識向上の手助けになればと、「歴史から学ぶ珠算講座」を開催いたします。
 日本そろばん資料館が完成して早4年になろうとしています。
 「温故知新」この4文字に、各種日本文化の伝統・重みを感じ、心に刻んでいる私たちです。
 珠算界の宝「日本そろばん資料館」には、その重みがたくさん詰まっています。
 毎回、中身の濃い内容となっています。館内も少しずつではありますが、展示内容に変化を持たせています。
 先生方お誘い合わせのうえ、奮ってご参加いただければ幸いです。
<日本そろばん資料館・館長 岡久泰大より>

<要項> 
開催日:平成29年4月3日(月)
会場:全国珠算教育連盟「日本そろばん資料館」
主催:(公社)全国珠算教育連盟
申込先:全国珠算教育連盟東京事務局(TEL:03-3875-6636)
定員:各講座15名 ※一講座のみの出席も可能です。
締切:平成29年3月28日(火) ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
単位認定:研修単位各2単位

<講座内容>
第1講座(午前の部)10時30分~12時30分
和算書にみる「目付絵」
講師 太田敏幸学芸員

第2講座(午後の部)14時~16時
そろばんの歴史から「算数そして九九の応用」
講師 谷賢治学芸員

スポットライト2017(各5分程度)
太田が斬るこのそろばん・・・名人「初代・永台」永場台三郎・作そろばん(見る・触れる・弾くを体験する、その価値はいくら?)
谷が選んだこの1冊・・・輟耕録(てっこうろく)(何が・どこが、この本の魅力であり、知っておくべきなのか)

<過去の講座>
・第3回
・第2回
・第1回

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/356-9ee82e71