-日本そろばん資料館企画- 第2回歴史から学ぶ珠算講座 

-日本そろばん資料館企画-
第2回歴史から学ぶ珠算講座

 4月4日、日本そろばん資料館において17名が参加し「第2回歴史から学ぶ珠算講座」が開催され、珠算講座とあわせて資料館の見学が実施されました。

午前の部
『珠の数の歴史』
太田敏幸学芸員

A_convert_20160822134601.jpg

 割り算の九九表を見ながらの計算では、いつも割り算で苦労する子供たちの気持ちに近づけたようでした。

<受講者アンケート>
・天2地5→天1地5→天1地4への流れがよくわかりました。割り算九九は耳にしたことはありましたが、今日のお話しを聞いて少しはわかり、よかったです。割り算九九の実習は楽しくできました。

・実際に天2地5そろばんを使わせていただき、よい経験ができました。

・古いそろばんの計算方法がとても面白く、指導のプラスになると思います。

・そろばんボランティアの際、天2地5のそろばんを子供たちに見せていたのですが、使い方までは理解していなかったので、受講しました。歴史から使い方まで勉強でき、大変身になりました。

・割算九九を使った計算は、説明ではなるほどと思いながら聞いていましたが、実際にやってみるととても難しかったです。



午後の部
『塵劫記の楽しさ』
谷賢治学芸員

D_convert_20160822134633.jpg

 京都の豪商角倉家をバックに持つ若き青年、吉田光由が29歳のときの著作「塵劫記」のすごさに少しでも触れたことの意義は大きかったと思われます。

<受講者アンケート>
・塵劫記という言葉を初めて聞きました。今でいう算数(数学)の参考書、問題集の最初だったように思いました。午前の講座と関連することもあり、すごく勉強になりました。

・塵劫記の詳細について、知らないことばかりでした。初めて聞く言葉でしたが、興味を持ちました。

・何十年もそろばんに携わってきていかに知らないことが多かったか?反省が多くあり、今日の資料でゆっくり勉強します。

・長い歴史を経て、今現在の珠算があるのだとよい勉強になりました。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/329-93d95bc4