歴史から学ぶ珠算講座 

日本そろばん資料館企画
歴史から学ぶ珠算講座

 日本そろばん資料館が企画した「歴史から学ぶ珠算講座」の第1回が平成27年10月11日に東京都台東区の同資料館で開催されました。
 

◇第一講座 <講師>谷賢治学芸員
「江戸時代のベストセラー『塵劫記』の楽しさ」
DSCN1113_convert_20160218085421.jpg
 第一講座は谷賢治学芸員により「江戸時代のベストセラー『塵劫記』の楽しさ」をテーマとして、そろばんと京都の関わりに塵劫記を絡めた話がなされました。
 また、当時の背景と数学の必要性を交えて、塵劫記がこれほどまで多くの人々に関心を持たれた理由の分析が説明されました。



◇第二講座 <講師>太田敏幸学芸員
「珠の数の歴史~天2地5→天1地5→天1地4~」
DSCN1147_convert_20160218085528.jpg
 第二講座は太田敏幸学芸員により「珠の数の歴史~天2地5→天1地5→天1地4~」をテーマとして、そろばんの歴史を文献に基づいて話されました。
 また、天2地5のそろばんを使って、割り算九九による計算の実践(1位数から2位数、九立商、還元)まで説明がされました。



◇資料館見学
DSCN1139_convert_20160218085612.jpg
 講義のほかに、両学芸員の案内のもと、館内の見学も行われました。


 参加者からは、
「歴史を学ぶために、一緒に京都の旅に出かけるようなシナリオが良かった」
「天2地5のそろばんの使い方や割り算九九が少し使えるようになってうれしい」

という感想が聞かれました。



 次回は、同様の内容で平成28年4月4日に行われます。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/310-0d4406be