岡山県で現職教員対象珠算研修会 

小学校の先生方、そろばんに感動!
岡山県で現職教員対象珠算研修会開かれる

 2月18日(土)、岡山市・岡山県珠算会館において、谷賢治氏(珠算教育研究所主任研究員)による「そろばんの学習」の研修会が開催された。(全珠連岡山県支部主催)
 岡山県では4年前から県下小学校の要請により、そろばん指導に専門家の講師を派遣し、いわゆる「出前授業」を実施している。
 要請校は年々増加して、このままだと今後、珠算団体のみの派遣では限界を生じるのでは、との懸念もあり、急きょ、研修会が計画された。
 当日は岡山県教育委員会後援のもと、2月という開催日にもかかわらず、各方面から現職の先生、多数が参加した。
 「算数科の中のそろばん」では、計算、数のマジック、そして、そろばんの歴史の講義があり、講師から童謡「もしもしカメよ」のリズムで歌う「大きな数の歌」が披露されると、受講者から拍手喝采。また、ビンゴゲームやなぞなぞなど、研修は和やかな雰囲気の中で進められた。
 今回の研修会に対応した西中俊子氏(同支部学対部長)のもとには受講した先生の感想が次のように寄せられた。
 「クラスにいる学習障害の児童のことを考えながら受講した。数の構成がよく分かるそろばんは理解しやすいのでは。学校に戻ったら実践しようと思う」
 「幅広い知識を学ばせてもらい、そろばんの秘密を教えていただき、算数もそろばんを利用してできることを知り、目からウロコが落ちた。学校の他の先生方にも、ぜひ、伝えよう。そして、そろばんを教室に常備したい」
 また、西中氏は「できたら研修をもっと早い時期に、たっぷりの指導を受けられたらうれしい、とのうれしい要望もあった。感動の中、初めての現象教員研修会も無事終了、講師に感謝し、これからも珠算教育に取り組んでいきたい」と研修会の手ごたえを伝えている。

岡山・珠算研修会1

※岡山・珠算研修会1

岡山・珠算研修会2

※岡山・珠算研修会2

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/30-71b86a41