みちしるべ<そろばんと生涯健康人> 

みちしるべ

 これまで永い間、全珠連のお力を戴いて「珠算の医学的効用」について勉強させて頂き、医療現場でも珠算学習の重要性を痛感して参りました。
 幼少時から珠算学習で指先運動を続けると迅速で正確な計算能力が身に付くだけでなく、脳科学的には前頭前野の働きが高まり、さらに珠算式暗算の学習によって右脳が活性化されて全人格的な発達が加速する効果が生まれます。自己本来の能力を十分に発揮して社会に大きく貢献できる人間形成のためには、日本古来の教育文化である珠算を最大限活用する珠算塾(寺子屋形成の古典的指導法を現代的に再活用して倫理観の回復も期待できる)こそが現代社会を心身ともに健全に生き抜くための個々の自発的な修行の場として今後も重要な役割を果たすことは間違いありません。そのためには、珠算学習を若年期から始め、そろばんを一生離さない生活を続けることが生涯健康人にはもっとも肝要です。  
 一方では、超高齢化社会を迎えようとする我が国では、健康に対する各個人の自覚だけでなく、現代医療においても医療技術・最新医療機器の発展が目覚ましく、高機能化・複雑化が進み、医療安全管理の重要性が高まってきました。さらに、医療従事者には、「ヒトとして基本的資質」が改めて大きく問われ、まさに、患者に対する優しさと思いやりと勤勉努力だけでなく、生きる力の育成、基礎的・基本的な知識・技能の習得、生涯学習意欲、忍耐力、迅速で確実な思考力・判断力・表現力・集中力、問題解決能力、そして正確な暗算力が厳しく要請されるようになりました。これらの要請内容は、基本的資質の育成を目指す珠算学習の基本理念と重なるものではないでしょうか。
 とりわけ、多忙な看護師、臨床工学技士、麻酔技師などの医療従事者の間で、迅速で正確な暗算能力の有用性が注目されてきました。最近、珠算式暗算に勝れた若い看護師が院内で重用されるという情報も多数得られています。将来には、医学・工学に進む若者達には珠算式暗算の習得が必須となるでしょう。
 厳しい現代ストレス社会の中で果敢に生き抜く生涯健康人であるために、全ての若者が珠算を学び最後までそろばんを友として人生を全うできる最善の道を探すことが今こそ強く求められているのです。



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/292-8666db1b