立命館大学珠算部活動紹介 

立命館大学

 立命館大学珠算部は、年間10回を超える大会に出場し、団体・個人ともに上位入賞することを目標に、部員11名で活動しています。
 
 普段は、授業の中の空き時間や、放課後などに時間を見つけて、部室で練習をし、大会前になると出場メンバーで集まり、目標に向かって団結力を高めるために日々練習を積み重ねています。
 また、大学のOBの先輩方や普段からお世話になっている周りの先生方にアドバイスをもらい、部全体の能力向上に役立てています。
 

 珠算部の活動の一環としては、年に5回、自身の苦手分野の克服や得意分野の追求をすることをテーマとした合同練習会の企画をしています。
 これまでも合同練習会をとおして、全国各地の多くの選手と交流させていただき、少しずつスキルアップを重ねてきました。


 2013年度からは、珠算の普及活動にも本格的に取り組み始め、海外の無料教育校でそろばんの指導を過去に2回行っています。また、現在一般の選手をメインとする競技大会が開催されていないことから、今年の3月には、全国各地の学生や社会人の方々との交流を深めたいと思い、交流戦の企画をしました。今年は、規定人数に達しなかったため、開催を見送ることになりましたが、今後も立命館大学珠算部は珠算界の発展に貢献できるような取り組みを継続していきます。

 最後に、私たち珠算部は、日頃から目標に向かってともに取り組む仲間を募集しています。立命館大学では、珠算の全国大会の実績で入学できるチャンスがある一芸入試というものがあります。今後も、部員とともに頑張れる方、お待ちしております。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/289-90abfbd2