第61回全国珠算研究集会<講演> 

研究集会 講演


 全国珠算研究集会において、西郷隆盛の曾孫にあたる西郷隆文氏より、薩摩伝統の郷中(ごじゅう)教育についての講演がなされた。


IMG_0297_convert_20150423134215_20150423134514309.jpg IMG_0286_convert_20150423134149_201504231345131f0.jpg


◆維新のリーダーを育んだ薩摩の「郷中教育」

1、人材育成の基礎となった「郷中教育」
 “国を守るのは城ではなく人である”豊臣秀吉が朝鮮出兵を行った際、薩摩の武士のほとんどが出兵してしまったため、残された青少年教育を行うことを目的に作られた組織で、鹿児島城下に36、地方に113の郷中があり、先輩が後輩を教え導き、質実剛健を旨とする実践教育であった。 

2、郷中教育のしくみ
 教えることは学ぶことという教育理念のもと、家庭教育以外のすべてを学び、6~10歳までを小稚児(こちご)。11~15歳までを長稚児(おせちご)。15歳~結婚するまでを二才(にせ)と呼ぶ。これらのリーダーを二才頭(にせがしら)といい、人徳・人望・指導力にたけた人物が選ばれた。
 小稚児は明け六つ(午前6時)から暮れ六つ(午後6時)まで、長稚児は五つ(午後8時)まで活動した。


3、薩摩のサムライ精神を育んだ「日新公いろは歌」
 「日新公」島津忠良は、神仏儒の三教に通じ、領内の家臣団の指導と教育の充実を図るため、その意義を理解し、覚えやすいよう、いろは四十八の順に読んだ歌だが、武士ばかりではなく、一般民衆や女性にも深く浸透して、人の道を説いた。「い」「と」「も」の3つは必ず唱えられていた。

4、切磋琢磨して育んだ武士道精神「郷中の教え」
 儒教思想のなか、日常生活のうえでの否や誠などの徳を修める人としての道を議論・討議を徹底したうえで、実践し究めることの大切さを学んだ。

5、武士に七芸
 剣・槍・長刀・弓・馬・水・柔術など武芸習得と体力作りを目指した。今でも登山や競泳などが伝統として残っている。
 「郷中教育」のまとめとして、小さいときから人としての道を徹底して教えられたので、10代・20代の頃には自分の生き方の方向性が定まっていて、社会や国のため、いかに役立つのかという目的意識が明確であったと思われる。


◆薩摩の女子道

1、薩摩における母の幼児に対する家庭教育
 郷中教育に入るまでの幼児教育・躾などのすべてを母親が行い尊重されていた。

2、女子の心構え
 男子は男子の、女子は女子の道を貫くことを幼児の時から徹底的に教え込ませること。 

3、女子(母)の役割
 子供を作りあげることが母の役割だったのではないか。子供が手柄を立てたときなどは母親が評価された。

◆薩摩焼について

 始まりは文禄・慶長の役の際に島津義弘が朝鮮人陶工を連れ帰ったことに始まり、400年の歴史がある。竪野系・龍門司系・苗代川系があり、1230度から1250度で焼き上げる伝統工芸品。
 1867年パリ万博に出品し、名を轟かせた。白薩摩は豪華・繊細な仕上がり。黒薩摩は庶民の生活の器として用いられている。
 最近は、窯の数も少なくなっていて後継者不足が悩みであるという。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/286-cc4c7de5