三団体合同研修会開催【東京都】 


三団体合同研修会開催
~子供の学習意欲を高めるために~

合同研修会2


 11月24日、東京都板橋区立文化会館大会議室において三団体合同研修会が開催されました。

講師には全珠連学術顧問で愛知淑徳大学教授の中野靖彦氏を迎え、
「子供の学習意欲を高めるために」という演題で実施されました。

合同研修会3 講演では、今時の子供について、ゆとり教育と学力低下、学力向上のためにはどうしたらよいかと進み、さらには学習意欲を高めるためには何が必要なのか、また褒めることと叱ることのタイミングと場の大切さ、家庭・学校・地域の役割の大切さなども取り上げられました。

 現代の子供たち取り巻く環境や子供たちの様子、今の教育の問題点等々、身近にある様々な問題や、教え込むのではなく自ら考えさせること、子供たちを褒め、やってみようとする自尊心をくすぐることの大切さを改めて認識させられました。
 また、内容は勿論のこと、映像などを使わず4時間に及ぶ講演をマイク1本でこなす中野氏の姿に受講者たちは感銘を受けていました。

 最後に、講演の中で心に残った言葉をご紹介します。
「教師とかけて盆栽と説く。その心は松(待つ)と菊(聴く)」


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/265-1e085409