ボクシングチャンプ 西澤ヨシノリ氏と一問一答 

「東京・湯島天満宮ちびっ子そろばんまつり」の話題

そろばん学習、ボクシングともに大切 「日々の練習の継続」
ボクシングチャンピオン
 西澤ヨシノリ氏がそろばんっ子を激励


 今回の湯島天満宮「ちびっ子そろばんまつり」(平成18年2月11日 東京・文京区)にはすてきなゲストが参加していた。日本プロボクシングチャンピオン・東洋太平洋ボクシングチャンピオンの西澤ヨシノリ氏である。約1年前からそろばん学習を始めたという愛娘・由華さん(小2)の応援のため、家族で参加していた西澤氏に「そろばんとボクシングについて」ほか、質問をぶつけてみた。

ボクシング王者・西澤ヨシノリ氏とちびっ子

※ボクシング王者・西澤ヨシノリ氏とちびっ子


Q.そろばん学習を始める前とそろばん学習を始めた後で、由華さんに変化はありましたか?

A.大変数字に関心を持つようになり、とても計算が好きになりましたね。性格も以前より積極的になったように思います。

Q.ボクシングとそろばん学習の共通点をあげるとすると何でしょう?

A.視覚運動や集中力など、訓練を積むことによって、かなり上達すると思います。日々のトレーニング、さらにイメージトレーニングはボクシングもそろばん学習のどちらにも大切です。
「継続は力なり」ですかね。

Q.西澤選手の今までの経験から、今の子どもたちに伝えたいメッセージをお願いします

A.何事においても途中で投げ出さずに、頑張ってほしいと思います。そして、いつも「心の中に夢を持ち続けてほしい」と思いますね。

Q.今日の「チビッ子そろばんまつり」の感想をお願いします

A.今日の行事に参加する子どもたちの目を見ていると、みんな楽しそうに一生懸命やっています。私も今日のイベントを見て、勇気をもらいました。

(記者の感想)
 さすが日本チャンピオンと東洋太平洋チャンピオンを獲得した実績の持ち主です。落ち着きと風格は初対面の時に感じました。しかし、娘さんと一緒にすごしている時間は、やさしいひとりの父親でした。ビデオを撮り、愛娘に話しかける姿とリングの上の目はやはり違っていました。また、いつも傍らでやさしく見つめていた奥様が印象的なステキなご家族でした。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/25-5c806fb9