イタリア・シシリー島でそろばんの講義 

イタリア・シシリー島でそろばんの講義
英国 マルカリアン・キミエ氏の報告


6-M蜀咏悄+sorobano2_convert_20121024132654


6-N蜀咏悄縲€+sorobano4_convert_20121024132808

 8月18日からイタリア・シシリー島でエスペランティストの国際大会が開かれ、各地から約600人が参加した。
 期間中、英国在住のマルカリアン・キミエ氏がそろばんの講座を持ち、講習を通して参加者に教具としてのそろばんの役割を紹介した。
 会場設営の都合で、あいにくと指導用大そろばんのみによる指導となったが、用意されたプリントを参加者に配布し、対応した。
 講習では、そろばんの歴史から現在のそろばん教育の状況などが紹介され、従来の計算器具としての役割から「数の理解を深める」学校教育の場での重要な役割を担っている点が説明された。
 今後、地域プログラム担当者との間で現地の学校でのそろばん指導等が検討されているとのことで、実現すればそろばん教育をさらにアピールできると期待されている。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/210-616f583d