第56回全国珠算研究集会 開催 

珠算学習者の「学び」を支える指導者の研修

風光明媚・名所旧跡の町、香川県高松市
第56回全国珠算研究集会 開催
       
 第56回全国珠算研究集会は平成21年12月26日、海風なびく晴天の中、香川県の県庁所在地・高松市の「サンポートホール高松」においてに盛大に開催された。(主催社団法人全国珠算教育連盟、後援文部科学省・香川県・香川県教育委員会・高松市・高松市教育委員会等)

第56回全国珠算研究集会

「新しい時代」の「新しい研鑽」

 瀬戸内海の交通・商業の中心地「香川県・高松市」には全国各地から約450名を超える珠友が参加した。
 午前9時30分、生駒副理事長の開会のことばに続き、国歌斉唱・全珠連歌斉唱の後、梶川理事長から主催者挨拶があった。
 挨拶では「自分たちの使命である珠算教育を通して日々研鑽を忘れず、子どもたちを指導する努力を積み重ねてほしい。基礎教育の中でより珠算指導の重要性が高まった新時代にふさわしい指導を求め、本日の研究集会が大いに役立つことを期待する」と述べた。
 続いて文部科学省の西村修一氏が「教育基本法の改正により、これからの子どもたちは変化の対応に順応し、伝統文化を残し、新しいことを吸収する力を身に付けることが大切となる。
 数の仕組みや計算の意味を理解する助けとなっているのがそろばんである。そろばん学習から基礎学力を養い、将来への教養を高めるための確かな学力向上を期待している」との激励の挨拶があった。
 その後、香川県知事(代読)・山谷えり子参議院議員らが祝辞を述べ、本日参加の来賓紹介があった。   
 元外務大臣・中曽根弘文参議院議員・有村治子参議院議員を始めとする多数の祝電が披露され、開催地・川田支部長の歓迎挨拶後、澤田研修学教委員長から研究助成論文審査経過報告、研究奨励授与・研究集会発表講師紹介、日程説明が行われた。

講演・研究発表・特別発表

 午前10時30分から開始された講演は、尼崎市教育委員会・教育次長徳田耕造氏を講師として「尼崎市における『計算科』導入の効果について」のテーマで行われ、「計算科導入後と導入前の児童の学力の対比」ほか貴重なデータが示され、有意義な内容となった。
 昼食後は研究発表「5珠・10珠ミックスそろばんによる幼児からの指導教材と指導法の一考察」について矢口三郎氏(茨城県)が、特別発表「珠算式暗算を世界の学校へ これは夢でしょうか?」についてまるかりあん君枝氏(イギリス)が参加者の心をひきつける発表を行った。  
 午後4時、澤田研修学教委員長の挨拶、次回開催地・広島県の岡田支部長挨拶、山口副理事長の閉会のことばで、全日程が無事終了した。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/175-4f35bcd7