新年のごあいさつ 理事長 賀藤榮治 

新年のごあいさつ
    理事長 賀藤 榮治

賀藤榮治理事長


 新年明けましておめでとうございます。
 会員の皆様にはご家族ご一同様お揃いにて、お健やかに新春をお迎えになられたこととお慶び申しあげます。
 「初夢」とは、正月元日の夜に見る夢。正月二日の夜に見る夢、と広辞苑には記されております。また、初夢に見ると縁起がよいとされている夢に「一富士二鷹三茄子」というのがあることは、広く知られております。
 この夢の解釈をめぐっては異説が多く、定説はないそうでありますが、一般的には「富士」はその広大さを、「鷹」は掴み取る、「茄子」は「成す」に通じるということがその由来であるらしいとのことです。私は今年の初夢に鷹になって受験生を掴み取る夢でも見たいものだと思っております。
 いま、珠算界にも少しずつではありますが、追風が吹いてきているような気配が感じられます。この時期を逸することなく、より積極的にPR活動を展開していきたいと考えております。
 17年度予算の中でPR補助費を削減しましたが、PRを後退させることはできません。各支部、地域ごとのPRは削減された予算の中で、最大の効果を挙げられるよう工夫をしていただきたいと思います。
 連盟としては、珠算の啓蒙運動となるよう、婦人雑誌三誌「主婦の友」、「サンキュ!」、「ESSE」の2月号に連盟学術顧問の林壽郎先生にご登場いただき、珠算学習の効用を力強く説いていただいた記事を掲載する予定をしております。
 また、ラジオPRでは、昨年までとは少し内容を変更して、全国のパーソナリティーに、それぞれのお国訛りを交えて「珠算学習のよさ」を語ってもらうことにしております。
 18年度は予算編成の中で、PR補助費を大幅に増額して、皆様のご期待に応えられるよう、執行部一同頑張っていく所存です。
 新年早々、皆様方にうれしいニュースをお届けします。
 17年度7月から10月までの新入会員61名のうち、20歳代の会員が6名、30歳代の会員が22名、あわせて28名と約半数に近い新入会員が若年層会員であり、永年に亘って掲げてきた「若年層会員の獲得」に一歩だけでも近づけたことを喜びたいと思います。
 年頭に当たり、会員皆様方のますますのご繁栄とご健勝を祈念して新年のあいさつといたします。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/17-a30438ba