第55回全国珠算研究集会 開催 

杜の都・仙台市でそろばん教育 探求
第55回全国珠算研究集会 開催
       
 平成20年12月26日、第55回全国珠算研究集会が小雪舞うこの冬一番の寒さの中、全国各地から約450名の珠友が集結し、宮城県「仙台市太白区文化センター」において盛大に開催された。(社団法人全国珠算教育連盟主催、文部科学省・宮城県・宮城県教育委員会・仙台市・仙台市教育委員会ほか後援)

講師・発表者と役員との記念撮影=仙台市「太白区文化センター」
※講師・発表者と役員との記念撮影=仙台市「太白区文化センター」

「美味し国・宮城県 伊達な旅に誘われて関係者450名が参加

 全国有数の城下町として栄え、今日まで日本文化・経済を支え、「杜の都」として「みちのく一」の都市にまで発展してきた宮城県仙台市。少し足を運べば、青葉城、広瀬川、そして百万都市仙台市を有名にした、この季節の風物詩「光のページェント」が夜の街を光眩い世界へと誘う。

そろばん学習から生まれる基礎学習と教養

 定刻9時30分、生駒副理事長の開会のことばに続き、国歌斉唱、全珠連歌斉唱の後、梶川理事長が「自分たちの使命である珠算教育を通して日々研鑽を忘れず、子どもたちを指導する努力を重ねよう。新時代にふさわしい指導を求め、本日の研究集会が大いに役立つことを期待する」と挨拶した。
 続いて文部科学省の西村修一氏が「60年ぶりの教育基本法改正により、これからの子どもたちは変化の対応に順応し、伝統文化を残し、新しいことを吸収する力を身に付けることが大切となる。
 また、高等学校商業科においても、現状の『ビジネス実務』で指導されることが決まり、計算を通して社会人としての望ましい姿を形成するように教育してほしい。
 基礎・基本は大切であり、それがあって生きる力が生まれる、そろばん学習から基礎学力を養い、将来への教養を高めるための確かな学力向上を期待している」と激励の挨拶を行った。
 村井宮城県知事(代理)・中野衆議院議員・有村参議院議員ほかの祝辞が披露され、来賓紹介と中曽根弘文参議院議員(外務大臣)を始めとする多くの祝電が披露された。
 開催地・吉田支部長の歓迎挨拶後、澤田研修学教委員長から研究助成論文審査経過報告、研究集会発表講師紹介、日程説明の後、午前10時30分から講演が開始された。

川島隆太教授の講演 研究発表・特別発表

 今回の講演は東北大学加齢医学研究所教授川島隆太氏を講師に「脳活動の仕組みの解明・研究と応用について」がテーマ。巧みな話術で、独自の理論を披露し、有意義な内容であった。
 昼食後は研究発表「生徒の伝えるそろばんの歴史」(大阪府・大垣憲造氏)、特別発表「わかる・できる・楽しい『小学校のそろばん授業』のススメ」(研修学教委員会委員・岡久泰大氏)が参加者の心をひきつける発表を行った。  
 午後4時、澤田研修学教委員長の挨拶、次回開催地・香川県の川田支部長挨拶、村上副理事長の閉会のことばで、全日程が無事終了した。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/157-5cd96d83