新年のご挨拶 理事長 梶川眞秀 

新年にあたって
    理事長 梶川 眞秀

梶川眞秀理事長


 明けましておめでとうございます。皆様におかれましては、ご健勝にて新春をお迎えのこととお慶び申しあげます。
 昨年は、次期小学校学習指導要領の改訂で小学4学年に珠算授業が復活したことや全珠連検定受験者数が対前年度比で29年ぶりに増加するなど珠算界や連盟にとって近年にない明るく大きなニュースがありました。
 どちらも長い冬の時代にあった珠算界にとって、やっと春の兆候が見えてきたと実感する出来事でした。
 前者については、教育の原点である基礎教育の中で〝読み・書き・そろばん〟が欠くことのできないものと評価されたものであり、後者においては、一般社会が珠算の必要性を検定受験者という数値で示したものと確信しています。
 「教育珠算」として低学年指導が確実に効果を上げるとともに小学校珠算授業ボランティア指導などがその後押しをしたことも大きな要因といえます。
 さて、連盟にとって平成21年は昨年と同様に大事な年にあたります。公益法人制度改革では、昨年度の臨時総会で連盟が「公益社団法人」認定の方向で進むことの承認をいただきました。
 その後、理事会では新会計基準に沿った経理処理の完全実施と、定款や共済会等の案件の検討に入りました。
 今年は連盟の将来を左右する重要事項の仕上げの年になりますが、永年にわたり社団法人として築き上げてきた社会的評価及び優遇税制の維持のため、慎重に対処して、成し遂げなければなりません。
 また、重点目標に掲げました「会員増加対策」及び「組織の安定化」の具体策としての、会員対策や支部存続問題にも積極的に対処していく所存です。
 次に、ラジオCMと連動したインターネットの活用(視覚的に多くの情報量を伝達できる動画を使った〝そろばん教育の良さ〟の配信)により小学生を持つ保護者を対象にした珠算PRを昨年と同様に行います。
 全珠連ホームページへのインターネットのアクセス数の多さは昨年の調査でも実証されており、今年も多くの保護者にアピールできると確信しています。
 そして、前年度に引き続き各種主要事業を推進いたしますが、必要に応じて見直しも行っていく所存です。
 事業に反映させていただきたく会員各位の建設的なご意見をお待ちいたします。
 今年は「次期学習指導要領」が一部前倒しされ、4学年でそろばん授業が開始されます。その授業が円滑に進められ、珠算が教育界に確固たる地位を築けるよう、そして、「珠算復活」のバロメーターである検定受験者数が今年も順調に推移するように、役員・職員が一丸となってがんばることをお誓いし、新年のご挨拶といたします。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/151-bd2e3bd3