タイ王国から 「サワディカップ(こんにちは)」 そろばん 

新・海外珠算教育事情1 タイ王国
 世界に響くSOROBANの音


タイ王国から
「サワディカップ(こんにちは)」 そろばん
 


 ワールドワイドに広がるそろばんの輪――文化・教育の交流を担うそろばん教育関係者を中心に各地で指導や普及が広がり、成果が着実に実を結びつつある現在、「新・海外珠算教育事情」と銘打ち、海外の状況を紹介する。第1回はタイ王国で指導に当たる信田正幸(のぶ・たまさゆき)氏(北海道出身・道央支部会員)の報告。

 サワディカップ(タイ語で「こんにちは」をこう言います)
 JICA(国際協力事業団)のシニアボランティアで、タイ東北地方ヤソートン県の小学校の先生に1年間そろばんを指導しました。終了後、現在はプライベートでコーンケ―ンという町を中心に先生・学生にそろばんを教えています。

 現地のペースに合わせ、のんびり、着実に指導

 コーンケーン大学のソムソン先生(日本に留学されていて、日本語ができます)のそろばん教育の理解と協力のもと、市内の大学・専門学校・小学校の学生や生徒へのそろばん指導や地方の先生たちへの指導者講習会等をやっています。
 また、日本人留学生の学生さんたちにもお手伝いをしてもらうこともありました。
 そろばんのよさは珠算式暗算と思うので、早めに読上暗算指導をしていますが、何事ものんびりやるのがタイのペースなので、簡単な問題で指導しています。子どもたちのそろばん技能はまだまだなのですが、あせらずゆっくりとやって行きたいと思います。

 季節に合わせて指導にメリハリ

 タイの学校は前期と後期に分かれています。それに合わせてタイに行き,休みの間は日本に戻る生活が続いています。タイの季節は、暑季・雨季・乾季があり、3月から5月にかけてはすごく暑くなります。
 タイでは3月から夏休みで、学校は休みになります。北海道育ちの私にとっては日本に戻りたくなる時期です。この後、雨季に入りますが、雨で暑さが少し解消されます。11月から2月までは雨がほとんど降らず、とても過ごしやすい季節となります。
 物価はバンコクよりも安く、私の住まいは一軒家で月1万円の家賃です。食事はいつでも、どこでもたくさんの屋台があり、一食60円くらいで食べることができます。おいしい果物も季節ごとにたくさんあり、日本に戻ると、何でも高く、タイが恋しくなります。

 第二のふるさとへ再び、指導の旅

 タイ語も少し分かるようになってきて、友人もでき、タイでの生活を楽しんでいます。今年(平成17年)は2月末までコーンケーンにいました。11月にはタイに戻り、そろばんを通して、たくさんの人たちとの交流を持ちたいと思っています。

コーンケーン市内

※コーンケーン市内

小学校での授業風景

※小学校での授業風景

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/15-b2b281a0