「そろばん」 小学校算数科 第3・第4学年での指導が明記 

「そろばん」 小学校算数科 
   第3・第4学年での指導が明記


新しい小・中学校学習指導要領 告示される

 平成20年2月15日、文部科学省から幼稚園、小・中学校の学習指導要領の改訂案が公表され、1か月間のパブリック・コメントの実施を経て、3月28日に告示された。このうち、小学校算数科の内容「数と計算」で、第3学年と第4学年において「そろばんによる計算」の仕方が明記された。

珠算3団体で取り組んでいる小学校へのそろばん講師派遣事業が功を奏す

※珠算3団体で取り組んでいる小学校へのそろばん講師派遣事業が功を奏す

 新学習指導要領の実施については、幼稚園は平成21年4月から実施される。
 小・中学校は来年度1年間、学校現場への周知、教員研修、補助教材の作成などを実施したうえで、平成21年度以降、できるものから実施される予定。
 なお、先行実施の具体的内容については、今後、学習指導要領の改訂と併せて、指導内容の増加が見込まれる算数・数学、理科をまず対象として検討が進められる予定。
 また、新指導要領に即した教科書の使用については、編集・検定等に3年ほどかかることから、小学校で平成23年4月から中学校で24年4月からとなる。

「小4でのそろばん」 平成21年度から

 4月24日には小・中学校の新学習指導要領を一部前倒し実施する移行措置案が文部科学省から発表された。
 その先行実施される主な内容に小学校4年生に明記された「そろばん(加法・減法)」が含まれた。


(改 訂)

第3節 算数
第2 各学年の目標及び内容

(第3学年)
 2 内 容
  A 数と計算
  (7)そろばんによる数の表し方について知り,そろばんを用いて簡単な加法及び
    減法の計算ができるようにする。

  ア そろばんによる数の表し方について知ること。
  イ 加法及び減法の計算の仕方について知ること。

(第4学年)
 2 内 容
  A 数と計算
  (7)そろばんを用いて加法及び減法の計算ができるようにする。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/127-d86e5e97