新年のご挨拶 理事長 梶川眞秀 

新年のご挨拶
    理事長 梶川 眞秀

梶川眞秀理事長


 あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、ご健勝にて新春をお迎えのこととお慶び申しあげます。
 連盟にとって、昨年は記念すべき年になりました。それは、検定試験において、第317回(1月検定)から毎回、珠算・暗算ともに前年に比べ、受験者増を連続達成していることです。
 これは、1年間を通しての受験者増として、実に昭和54年度以来28年ぶりの快挙になります。珠算・暗算の合計受験者は、18年度後期(1月~6月)は2.9パーセント増、特に19年度7月以降は6.8パーセント増と高い値を示しています。長い間、減少傾向が続き、危機感のあった珠算界に、やっと春の兆しが見えてきたことを会員の皆様と共に喜びたいと存じます。
 これも、地道に続けてきた小学校ボランティア活動や広報活動、更に、実務珠算から教育珠算への移行がやっと実り始め、これに会員各位が研究・実践された低学年指導法の成果がより効果的に反映されたものと確信しております。
 さて、今年は連盟にとって大事な年にあたります。公益法人制度改革で連盟が「公益社団法人」認可の第一歩を踏み出すために、定款の改正や新会計基準に沿った処理の実施と、連盟の将来に関わる重要案件を仕上げなければならない年であるからです。
この認可を受けることは、連盟が永年にわたり社団法人として築き上げてきた社会的評価と、現在まで得てきた税優遇策による事業継続のために、是非ともやり遂げねばなりません。
 また、重点目標に「会員増加対策」「組織の安定化」を掲げていますが、特に、会員対策や支部存続問題については思い切った策をもって対処していく所存でいます。
次に、珠算PR事業について、初めてラジオCMと連動してインターネットを活用し、検索キーワードを取り入れ、視覚的に多くの情報量を伝達できる動画で“そろばん教育の良さ”を配信いたします。小学生を持つ保護者を対象にしたときの、インターネットのアクセス頻度の高さにアプローチを定めたものです。
 更に、子どもたちに夢を与え、珠算PRにも繋がる「小・中・高校生珠算訪米使節団」を2年ぶりに再開すべく計画中です。
 受験者増加が今後も継続し、「珠算復活」の足場を固め、そして「学習指導要領」の中で、そろばんが確固たる地位を得られるように、理事が一丸となって頑張る1年になることをお誓いし、新年のご挨拶といたします。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/118-36eade39