岡山県ちびっ子そろばん大会開催 

保護者の応援受けて、低学年生 ガンバる

岡山県ちびっ子そろばん大会開催

 実りの秋・恒例、低学年生たちのおたのしみ、全珠連岡山県支部主催による「岡山県ちびっ子そろばん大会」が平成19年10月28日(日)、岡山県珠算会館において開かれた。以下は、西中俊子支部広報部長のレポート。

            ◆ ◆ ◆

 季節もようやく秋らしく、各地でいろいろなイベントが行われている中、岡山県珠算会館にちびっ子の選手が保護者に付き添われ、ぞくぞくと会場入りして来た。中には一家を挙げての応援団もいる様子。遠足気分の子どもたちと緊張している保護者たち。小学校2年生以下の部40名、3年生50名がようやく席に着いた。
 かけ算・わり算・見取算・暗算と順調に進む。小さな、かわいい指が軽快にそろばんをはじいていた。きっと、いっぱい練習してきたのだろう。余裕の様子だ。
 後ろで見守っている保護者の方々が何となく、ざわめいている。我慢しきれなくなったのであろうか、若いお母さんが代表で私のところに来た。「あの子は、“用意、始め”の前から計算している」ことを告げた。
 保護者も祈るような気持ちで我が子を見守っているのだ。真剣なのだ。私たちの気持ちは、そろばん大会ではあるが、お祭りなのだから、優しく、と思っていたが、許されないことがよく分かったのである。
指摘されたちびっ子の通う塾の先生に優しく注意することを勧めて落ち着いた。次回の課題である。
 金・銀・銅のメダルと表彰状をもらい、写真撮影もにぎやかに。例年どおりのフラッシュ暗算・ビンゴゲームと楽しいひとときに会場は盛り上がった。
 大会は28の小学校と1つの幼稚園の参加で、今回も無事終了した。

            ◆ ◆ ◆

関連サイト 岡山県支部ホームページ
           http://www.web-g.jp/sorobanokayama/

岡山県ちびっ子そろばん大会


岡山県ちびっ子そろばん大会


岡山県ちびっ子そろばん大会

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/115-275b2f1b