第49回全伯珠算選手権大会開催 

ブラジルからのそろばん情報1

ブラジル・サンパウロで熱い珠の戦い
第49回全伯珠算選手権大会開催

そろばん「ブラジル一」に野崎まゆみアナパウラ選手(2連覇)

2年連続のチャンピオン・野崎選手(左)

※2年連続のチャンピオン・野崎選手(左)

150余名が各地から参加・サンパウロ市

※150余名が各地から参加・サンパウロ市

 ブラジル珠算連盟(斉藤良美会長)主催による第49回全伯珠算選手権大会が10月7日(日)、サンパウロ市ビラ・マリアナ区にあるサンパウロ天理会館ホールを会場に開催され、150名余りの選手が参加した。
 午前9時、開会式が行われ、ブラジル国歌斉唱、選手宣誓(米谷かおりカレン選手)、(社)全国珠算教育連盟理事長杯及び同支部長杯返還式と続き、上原幸敬・日伯文化連盟会長の祝辞が披露された。主催者を代表して斉藤会長が日伯両語で挨拶をし、開会式を終了した。

斉藤良美支部長からブラジル支部長杯を受ける米谷選手(左)

※斉藤良美支部長からブラジル支部長杯を受ける米谷選手(左)

 まず、Cクラス(7級~10級)から競技が開始され、総合問題、読上算、フラッシュ暗算と続いた。競技が終わり、それぞれのカテゴリーで表彰を受けた後、総合優勝者の米谷かおりカレン選手(マイリンケ日本語教室)に(社)全国珠算教育連盟ブラジル支部長杯が贈られた。米谷さんは2年連続の受賞。
 次いで、D・Eクラス(11級~15級)が開始された。D・Eクラスは見取算のみの競技が行われ、採点が終了するまでの間にゲームをし、早く正解した選手らに賞品が贈られた。各級の優秀者が表彰され、午前の部が終了した。
 昼食をはさみ、午後1時からBクラス(4級~6級)の競技が開始された。総合問題、読上算、読上暗算、そしてフラッシュ暗算が行われたあと、加藤ジョエウ杯の問題に真剣に取り組んだ。各カテゴリーでの表彰後、総合優勝者のマテウス・ユウイチ・ロジリ選手(芳洋学園)に(社)全国珠算教育連盟理事長杯が贈られた。

しのぎを削るブラジルのトップたち
Aクラス・段位クラス


 最後にAクラス(1級~3級)と段位クラスが行われた。段位クラスは全伯大会の中で、トップクラスのレベルの生徒が参加するクラスである。
 総合問題、読上算、読上暗算、フラッシュ暗算と続き、加藤福太郎杯争奪戦が行われた。カテゴリーごとに表彰され、Aクラスは牧あゆみラリッサ選手(バストスそろばん連盟)が同理事長杯を獲得し、また、段位クラスの総合優勝には野崎まゆみアナパウラ選手(バストスそろばん連盟)が輝き、「そろばんブラジル一」を獲得、2連覇を達成した。また、同理事長杯は総合問題、読上算、読上暗算全てに入賞した田中まりサミラ選手が獲得した。
 ただちに閉会式が行われ、斉藤会長が挨拶に立ち、選手達の健闘に敬意を表したあと、保護者を始め、教師、運営に携わった関係者に対して労いの言葉を述べ、第49回大会が盛況のうちに終了となった。

入賞者は次のとおり。(1位のみ・敬称略)

段位 野崎まゆみアナパウラ
     (バストスそろばん連盟)
1級 長浜あきおロドリゴ
     (バストスそろばん連盟)
2級 志田みなこジェシカ
     (バストスそろばん連盟)
3級 浜崎みわ
     (エスコーラ平成)
4級 大阪ちえみオルネーラ
     (コレジオ・ブラジリス)
5級 上原リリアンかおり
     (ピラチニンガ芳洋)
6級 山下よしおラファエル
     (コレジオ・ブラジリス)
7級 米谷かおりカレン
     (マイリンケ日本語教室)
8級 鹿又けんじアレシャンドレ
     (コレジオ・ブラジリス)
9級 坂田えいじ
     (ソロカーバ天理そろばん教室)
10級 藤井なおみヴィクトリア
     (スザノ日伯教育センター)
11級 ギリェルメ・メネーゼス
     (サンチスタそろばん教室)
12級 和田ともひとエドゥアルド
     (コレジオ・ブラジリス)
13級 レオナルドゆうじゲンカ
     (エスコーラ平成)
14級 長沢けんぞうルカス
     (エスコーラ平成)
15級 川勝としろうルシアノ
     (スザノ日伯教育センター)
特別組 川勝あけみヴェロニカ
     (スザノ日伯教育センター)
加藤福太郎杯 ブルノ・タカネ
     (ミナスそろばん教室)
加藤ジョエウ杯 大阪ちえみオルネーラ
     (コレジオ・ブラジリス)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/112-78030dd8