平成19年度全日本珠算選手権大会速報 

そろばん日本一に堀内祥加選手!

広島県尾道市でそろばんの熱い戦い
平成19年度全日本珠算選手権大会速報

平成19年度全日本珠算選手権大会=びんご運動公園健康スポーツセンター


 各地から432名の選手を迎え、全珠連の真夏の珠典・平成19年度全日本珠算選手権大会は8月8日・そろばんの日に広島県尾道市の「びんご運動公園健康スポーツセンター」で開催された。
 広島では今回で3回目の開催となる全日本珠算選手権大会。
会場の尾道市「びんご運動公園健康スポーツセンター」には、地元広島県の選手66名を筆頭に、8歳の小学校3年生から57歳のベテランまで432名が集結した。また、はるばるハワイから4名の珠算選手が競技に参加し、熱戦を展開した。
 熱戦の結果、注目の個人総合競技優勝(そろばん日本一)には、土屋宏明選手(宮城県)と堀内祥加(ひろか)選手(千葉県)との1,500点満点による同点決勝が行われ、堀内祥加選手が初優勝を成し遂げた。

各競技の優勝は次のとおり。

個人総合競技
  堀内 祥加(千葉県)

そろばん日本一 堀内祥加選手(千葉県)

※見事、個人総合競技優勝を決めた堀内祥加選手(千葉県)

読上暗算競技
  堀内 祥加(千葉県)

読上暗算競技優勝 堀内祥加選手(千葉県)

※読上暗算競技も制覇・堀内選手(千葉県)

読上算競技
  糸数めぐみ(大阪府)

読上算競技優勝 糸数めぐみ選手(大阪府)

※種目別読上算競技優勝の糸数めぐみ選手(大阪府)

フラッシュ暗算競技
  石川 和枝(沖縄県)

フラッシュ暗算競技優勝 石川和枝選手(沖縄県)

※20口、2.6秒の驚異的成績で優勝 フラッシュ暗算競技 石川和枝選手(沖縄県)

都道府県対抗競技
  石川県

都道府県対抗競技優勝 石川県

※チーム一丸となっての勝利 都道府県対抗競技優勝・石川県代表

成績詳細は検定・競技ニュースでご覧ください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren.blog25.fc2.com/tb.php/103-4b7dcd88