FC2ブログ

アメリカンスクール珠算競技大会 沖縄地区レポート 

各地の話題・沖縄

在日米国国防省教育局アメリカンスクール
  珠算競技大会 沖縄地区レポート


8校、総勢189名の生徒が普段鍛えたそろばんの腕を競い合う 

 お楽しみは「フラッシュ暗算競技」

 早くも7回目を迎えた今年、コンテストは沖縄県本島の中部にある北谷の「サンセット美浜」を会場に開催されました。(県外の皆様には米軍嘉手納基地の近く、といえば分かりやすいかもしれませんね。)
 アメリカンスクールでは、授業の中にそろばんを取り入れており、ほとんどの生徒が「そろばんができる」と聞きました。実にうらやましいことです。また、一部の生徒は珠算塾にも通い、能力を上げてきているとのこと。近いうちに、青い目の日本一が出るかもしれません。日本の文化であるそろばんを通して、世界大会が開かれる。想像するだけでも心が躍ります。
 さて、前置きはこれくらいにして、コンテストは午前9時に開会し、県内のアメリカンスクールから8校、総勢189名の生徒が、普段、スクールで鍛えたそろばんの腕を競い合いました。
 プリント問題を各5分で行い、その後、少しの時間をとり、マスコミのインタビュー等が行われ、参加選手も保護者も、沖縄県支部執行部も白熱しながら、次の読上算競技へ…。
 もちろん、英語で「ネガイマシテハ、何ドル ナリ」と進み、優勝1名と約10名の選手が表彰されました。最後の競技はお楽しみのフラッシュ暗算です。暗算競技と同じく、約10名の表彰ですが、なかなか優勝者が決まらず、接戦の末、1位が決定。その他の入賞者も次々と壇上に上がり、無事、終了。
 表彰式では、トロフィーをもらい、満面の笑みで席へ戻った生徒たち。最後は、生徒・保護者・教師の感想で閉会となりましたが、その後、家族での写真撮影や友達同士の記念撮影が続きました。

米国国防省教育局から挨拶

※米国国防省教育局から挨拶

8校から189名が参加=サンセット美浜

※8校から189名が参加=サンセット美浜

アメリカンスクールソロバンコンテスト佐世保地区大会 

各地の話題・長崎

アメリカ海軍司令官、佐世保市長も熱烈応援
アメリカンスクールソロバンコンテスト
   佐世保地区大会


 第3回を数える長崎県佐世保地区のそろばんコンテストは4月18日、アメリカ海軍佐世保基地内で開催された。当日は、基地内の小学校3校に通う小学校3年生から中学生まで45名が参加して、日ごろ鍛えた珠算学習の成果を競い合った。
 陶山尚志米国国防省教育局指導主事の司会で開会式が始まり、主催の社団法人全国珠算教育連盟挨拶、バワーズ・ジェームス米国国防省教育局次長の挨拶に続き、米海軍司令官、光武顕佐世保市長、溝口芙美雄県議会議員が生徒たちにすばらしい祝辞を送り、錦上花を添えた。
 メイン競技の読上算では、沖縄基地から派遣されたリンクイスト先生がユーモアいっぱいのデモンストレーションを披露して、大会の雰囲気を一気に盛り上げた。
 また、佐世保市の西海学園高校珠算部の近藤文香さん、廣野絵里香さん両名がフラッシュ暗算の模範演技を披露、神業のような暗算力に、アメリカの先生や子どもたちは立ち上がって、盛んな歓声と拍手を送っていた。
 表彰では、5部門の成績優秀者に全珠連からトロフィーが授与され、また、全員にカラーそろばんがプレゼントされた。
 6年生の部で見事に入賞したアシュリー・ヒルトンさんは「そろばんは頭と体を使って計算するので、面白い。大好きです」と話していた。
 なお、当日のもようはNHKを始め、多くのテレビ、新聞で報道され、珠算のPRにも大きな成果をもたらした。

バワーズ・ジェームス米国国防省教育局次長の挨拶

※「ミンナ ガンバッテ」バワーズ・ジェームス米国国防省教育局次長の挨拶

基地内3校から小学生ら45名が参加

※基地内3校から小学生ら45名が参加