タイ王国での珠算指導 

-猪足深雪氏より寄稿-
タイ王国での珠算指導

 サワディーカ。
 タイではこの挨拶から一日が始まります。
 今回タイの大学で珠算指導をすることになり、寒さ厳しい年末にタイの首都バンコクヘ。
 そこからバスで8時間の東北部ルーイ県に向かいました。


1_20180327145220467.jpg

 この珠算講座を企画したのが大学教授のソジワン先生。

 彼女は18年前、島根県横田町(現奥出雲町)に1年間滞在し、全珠連2級に合格。

 タイに帰国後、タイ国教育省科学技術教育振興研究所で算数カリキュラムを組んだり珠算指導本を出版された才能ある先生です。

 ルーイ県に帰郷後は大学教授になり、数学教諭を育てるために日々奮闘しています。

 私が彼女に出会ったのは平成12年から7年間ロイエット県の小・中学校で珠算指導していたときでした。

 そのときに全珠連からそろばん50丁を寄贈していただき大変助かりました。

 彼女との出会いからこの度このような機会を得られたことをとてもうれしく思っています。

 2日間の珠算講座に参加したのはラチャパット大学の1年生から4年生まで120名。

 彼らは数学を専攻する将来は中学、高校の教諭になる卵たちで教える私も熱が入ります。

 2日間の珠算講座は大学の学部長の挨拶から始まりました。

 緊張する学生たちを前に珠算の歴史や中国そろばんとの違いを説明した後、基礎的な加減算を教えました。

 テキストは以前JlCAのシニアボランティアとしてタイで指導された西野啓子先生(全珠連京都府支部)が編集された教材を使用し、10の合成分解、5の合成分解と進みました。

 ソジワン先生は日本で珠算を学んでいるので運指と姿勢は特に厳しく指導されました。

 1日で10級程度の加減算、9級の乗算が終わりました。

 2日目は前日の復習のため、読上算から始まり次に暗算指導。

 珠算式暗算と筆算との違いや暗算により右脳が発達することを説明すると、今までそろばんを計算用具としか認識していなかった学生は驚いていました。

 そして8級の除算、最後は平方根を教えて2日間の講座が終わりました。

 スパルタ講座でしたが、学生たちは一生懸命ついてきてくれました。

 ソジワン先生が「皆さんのそろばんは日本の人たちが寄贈してくれた物ですので大切に使ってください」と講座を締め括りました。
 
 この講座を受けた学生たちが近い将来、数学教諭になり授業でそろばんを紹介したり、珠算クラブを立ち上げてくれることを期待しつつ大学を後にしました。

 タイでがんばってそろばんを教えているソジワン先生のような方がいることを知っていただきたくて、今回寄稿いたしました。

【放送案内】そろばん侍 風の市兵衛 

放送案内
そろばん侍 風の市兵衛

NHK総合で新ドラマがスタートします。

番組名:そろばん侍 風の市兵衛
放送開始:5月19日
放送時間:毎週土曜日 午後6:05~午後6:45 (全9回)

>>>詳しくは番組HPまで

新春恒例 はじき初め大会 於:大阪天満宮(大阪府) 

新春恒例 はじき初め大会
於:大阪天満宮(大阪府)

 1月3日、大阪天満宮において、新春はじき初め大会が開催されました。

DSC_0456.jpg
DSC_0434.jpg

 朝からあいにくの雨。

 はじき初め式1番乗りを目指し、2時間近く前から並んでいた参加者たちも心配そうに空模様を見ていましたが次第に雨は止み、決行の知らせに安堵の表情を浮かべていました。

 午前9時過ぎ、境内の正門横手に作られたはじき初め会場に並んでいた参加者たちが、配られた鉢巻きを、きりりと頭に締め、神主のお祓いの後、3桁5口の読上算に挑んでいました。

 長いそろばん(127桁)を、かじかんだ手で持ちながらも元気いっぱい挑戦。答えが発表されると「簡単や!」の声とともに笑顔がはじけました。
 
 今年も、外国人珠算練習生による英語の読上算が行われました。

 さらにイタリア語・タイ語・タガログ語などでも数の読上げが行われ、周りを取り囲んだ参拝客もじっと聞き入っていました。

 11時に参加者が800人近くになったところで、新春はじき初め大会は終了しました。

 終了を待っていたように初雪がふぶき始めました。

商工祭りで「そろばんの学校」を発表 於:島根県 

商工祭りで「そろばんの学校」を発表
於:島根県

 奥出雲町横田地区の「商工祭り」実行委員会の方から「今年も商工祭りにぜひ参加してほしい」との要望があり、去る11月5日、出演時間約30分程度ということで参加させていただきました。

20180125172030468_0001.jpg

 塾生の中から優秀な生徒6人に出演をお願いして、練習を重ね参加しました。

 当日は天気もよく、町民の皆さんも多数お見えになっており、庁舎の正面玄関に舞台が組まれ、朝から夕方まで多種多様な催しがあり、その中の一つとして「そろばんの学校」を発表させていただきました。

 初めに生徒の紹介で一人ひとりの氏名、学校名と学年、珠算と暗算の取得段位の報告と今年あった各種大会での入賞状況を報告し、そのつど町民の皆さんから盛大な拍手をもらい、生徒の気持ちが盛りあがったところで演技にはいりました。

 内容は読上算とフラッシュ暗算で、読上算は5桁、7桁、9桁、11桁、13桁、9~12桁を読み上げました。

 答えの審査は地元の金融機関の支店長や職員の方にお願いして、生徒の後ろに立っていただき、正解なら丸印の旗を持ち上げていただきました。

 その結果13桁までは3~5人くらいは正解者がいましたが、9~12桁では全員が正解ならず、読上算を終了しました。

 続いてフラッシュ暗算は8級(1桁10口)、3級(2桁6口)、1級(2桁10口)、初段~十段(3桁3~15口)をやって、最後の十段でも二人の生徒が正解して演技を終わりました。

 演技が終わってから総合司会のアナウンサーの方が審査に当たられた銀行の支店長にマイクを向け「どうでしたか」と聞かれたところ、支店長から「みなさん大変優秀で、将来ぜひ私どもの銀行で働いていただきたい」とのコメントがあり、会場の皆さんから盛大な拍手をもらいました。

 参加してくれた生徒からも「日頃の塾での練習風景を町民の皆さんに見てもらったことや、フラッシュ暗算で十段が正解できてとてもうれしかった」「始めはすごく不安だったが、皆さんからたくさん拍手をもらって、来年もまた出演したい」との感想もあり、大成功でした。

新春恒例 はじき初め大会 於:北野天満宮(京都府) 

新春恒例
はじき初め大会
於:北野天満宮(京都府)

 1月5日、曇天模様で時折小雨が降り、梅花も凍える寒々しい朝、菅原道真公が祀られる国内外1万2千社の総本宮、北野天満宮境内に、260名余りの全珠連会員教場及び珠算振興会会員教場へ通う生徒と、そのご家族が毎年恒例新春『そろばんはじき初め』に集いました。

IMG_20180105_112211_convert_20180223103809.jpg
IMG_20180105_105854_convert_20180223103749.jpg
IMG_20180105_104933_convert_20180223103724.jpg
IMG_20180105_103922_convert_20180223103700.jpg
IMG_20180105_085929_convert_20180223103631.jpg

 受付後、全員で本殿に昇殿、上達祈願や学力向上のご祈祷を受けた後、大型スクリーンで参加者全員がフラッシュ暗算にチャレンジ!十段位の問題では、正解した模範演技者と参加者2名に、全員から拍手喝采。

 「はじき初め」に使う長そろばんを初めて見る子供から歓声があがり、手の届く範囲一杯にご破算する子供、読上経験のない小さな子供たちが、周りを真似て珠を弾く姿には見ている方々から笑みがこぼれていました。

 終了後、各々が絵馬を書き奉納。

 参加指導者全員が、所属生徒やご家族の皆様に幸多かれと、心から祈る一日でした。

イギリス研修生への珠算指導 

イギリス研修生への珠算指導

CIMG2711_convert_20180226173116.jpg
CIMG2703_convert_20180226173053.jpg
CIMG2701_convert_20180226173021.jpg

 海外でそろばんへの情熱を掲げ活動しているマルカリアン・キミエ氏を介し英国ニューステッドランドスクール、日本語教師バンティグ久佳氏と連絡を取り実現した10月27日の女生徒(14・15歳)23名と先生方への1時間半。

 ホームステイを鳥取・横浜で行い、禅寺での座禅やチキンラーメンのワークショップを体験した彼女たち。

 日本語を学んでいるとはいえ、アメリカンスクールとは違うブリティッシュ英語・十進位取りどうなるのかも“楽しむ”ことを目標に。

 日本ではライセンスがあると経歴にプラスに、エアソロバンは高齢になっても頭脳に利点をもたらすこと・そろばんの歴史・小学校ボランティア・海外でも有用なことを伝え、次のテーブルを今も選手として活躍している大関先生が、使い方の説明とさらに十段のフラッシュ暗算の実演を感動とともに進めていただきました。

 お別れの挨拶のとき、再度見たいと熱い要望に大関先生再トライ。

 興奮冷めやらぬ拍手。

 その後、久佳氏よりメールが何度か届きイギリスにおいてそろばんの紹介・活動をがんばると。

 私たちも社会・子供たちへ有用性の伝承をしたいです。