FC2ブログ

謹賀新年 ~新年のご挨拶~ 

謹賀新年~新年のご挨拶~

A_20171219160617465.jpg
理事長 平上一孝

 あけましておめでとうございます。皆様にはお健やかに新年をお迎えのことと心よりお慶び申しあげます。
 さて、昨年を振り返りますと、なんと災害の多い年であったかを述懐します。地震・大雨・台風による相次ぐ激甚災害が日本列島各地で猛威を振るい多くの尊い命が奪われ、たくさんの財産が失われました。被災された皆様に心よりお見舞い申しあげます。
 そうした中、私たち珠算教育に関わっている者は被災による子供たちの心の変化を読み取り、真に寄り添ったそろばん教室(学習)運営を心掛ける必要があります。外見でなく、心の中で傷ついている子供たちの様子を見極めながら社会教育の一翼を担っている指導者の立場からしっかりと支えていきたいものです。
 連盟は、今次の重点施策を掲げ活動しています。
①検定受験者増加対策の推進
②新規会員の入会対策の推進
③小学校教育支援事業の推進
④公益法人としての義務と会員資質の向上
⑤今後の小学校学習指導要領改訂に向けた活動
 その中で連盟の主要な目標に目を向けて見ると、連盟の根幹を支えているのは会員数であり、受験者数です。その数が年々減少傾向にあるのは注視すべきことですが、最近の新入会員の半数以上は20歳代~40歳代の若年層(毎年50名ほど)であり、増加対策の成果が出ているものと期待しています。
 また、これらの若手会員が本連盟の施行する各種の検定試験をしっかり活用して教室を運営すれば連盟及び珠算界は社会に対し、その期待にこれからも十分応えられると思っています。
 小学校教育支援事業の推進では、全珠連会員を始めとする多くの珠算指導者が積極的なボランティアを展開し、全国3千余校に
講師を派遣し、関係者から多大な好評をいただいています。こうした地道な活動が珠算界を支えていることと感謝の意を申しあげます。
 さて、9月の定時社員総会の後、役員研修会が開かれました。テーマは「公益法人のガバナンス~今、求められているコーポレイト・ガバナンス~」と「今後の発展のために・連盟支部会計の知識」と題し、連盟監事の神本満男先生が公益法人に求められているガバナンス(統治・統制)の重要性について、また、連盟理事である公認会計士の木田稔先生が会計の留意点と今後の課題についてそれぞれ解説いただきました。「法人自治は理事・監事、支部長・代議員を始め、会員一人ひとりによって成る」ことを改めて感じています。
 今年は、日本にとって歴史的に大きな転換期となります。連盟では珠算検定応用計算種目の一部改正に向けた準備を進めてまいります。移り行く珠算界の中で役職員と共に時代をしっかり見据えながら、元気で諸課題に向かって取り組んでいく所存であります。会員を始め関係各位の一層のご指導ご鞭撻をお願いして挨拶といたします。 

謹賀新年 ~新年のご挨拶~ 

謹賀新年~新年のご挨拶~

A_20171219160617465.jpg
理事長 平上一孝

 明けましておめでとうございます。皆様にはご健勝にて新年をお迎えのこととお慶び申しあげます。

 さて、昨年一年を振り返りますと、北九州を襲った大豪雨をはじめ、日本各地で自然災害が発生し、心を痛めた年でありました。被災された地域の皆様に心よりお見舞い申しあげます。

 10月には衆議院の解散総選挙が執行され、新内閣が決まりました。国民にとって安心安全な行財政運営を願わずにはいられません。

 連盟でも、新体制がスタートして4か月が経過しました。私たちは今、大きな時代の変革の中で生活し、様々な活動をしております。学校は、学習指導要領に従って、授業をはじめ、あらゆる教育を展開しており、その学習指導要領は10年に一度改訂され、小学校では2020年度から新学習指導要領により授業が行われます。今回の改訂を見ると、小学校5年生から英語教育が始まったり、論理的な思考力を育成するためにプログラミング教育が始まったり、これまでになかった教育が始まる一方で、そろばんは従来どおり3年生と4年生で取り扱うようになっており、現行の学習指導要領よりも、そろばん指導の記載について充実が図られています。まさに教育の中の不易流行といえるのではないかと思われます。

 年頭にあたり、改めて「そろばん教育の効果」を考えると、数の概念の理解、計算力・集中力のアップとなり、学力全体の向上や忍耐力等を与え人間力の育成に繋がるものです。その過程で、検定試験という目標を一つひとつ達成していくことで、学習者は自分に自信を持つという、自学力を育む教育を実践しているのであります。

 連盟の検定試験には・珠算検定・暗算検定・フラッシュ暗算検定・そろばん算数検定・算数チャレンジ検定等の制度があり、これらを上手に活用されて、さらなるそろばん教育の効果をあげてほしいと願うところです。

 また、連盟の重点施策の一つでもある小学校教育支援事業では、多くの会員が小学校へ出向きボランティアの授業をされており、まさに「地域に根ざした教育」と評価されており、会員の地道な活動に敬意を払うものであります。

 連盟の活力は、会員お一人お一人が、健康で活動することこそがその源であります。皆様からの建設的なご意見をお寄せください。

 本年も役職員一丸となって職務に励むことをお誓いし、新年のご挨拶といたします。

新年のご挨拶 

この記事はブロとものみ閲覧できます

新年のご挨拶 

新年あいさつ

 

あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、ご健勝にて新春をお迎えのこととお慶び申しあげます。
 昨年は、連盟創立60周年記念式典にたくさんの会員に参席賜り盛大にお祝いすることができました。また、公益社団法人1期目も組織として無事に船出することができました。ご指導ご協力に深く感謝申しあげます。
 さて、消費税8%の余波は検定受験者数に大きな影響を与え、11月検定では増加に転じたとはいえ、前年度は5・1%大幅減と今年の収入額が危惧される状況下になっています。昨年の式典において申しあげた“進化元年”としての第一歩にも暗雲が漂った感がしております。
 こうした中で、今年の連盟が置かれた現状を鑑みると、将来を賭けた模索が急がれます。その中で、特に次の3項目を『最優先項目』として取りあげました。
一、「組織の充実」
 連盟の存続には会員数の確保が求められます。会員数獲得の積極的展開をいろいろな角度から検討し、具体策として実施に結びつけていきます。
二、「連盟と会員の信頼性の向上」
 ネット社会が発達した現代では、以前にも増して社会の目が厳しく注がれています。自らの信頼性確保のためにも、公益法人の社員として研鑽する連盟を構築していきます。
三、「教場の活性化」 
 教場活性化のために何が必要か?会員の1日1日が進化していけるよう、種々な施策を提供する連盟にしていきます。
 これらは連盟の重点目標、「受験者の増加を図るための積極的対策」、「若年者会員の入会推進と組織の安定」、等にも結びつきます。また、財政安定化のためにも必要不可欠なものでもあります。
 以上のことを積極的に実施の方向に押し進めるためにも、会員各位の建設的なご意見をお待ちします。
 皆様方にとって輝かしい1年でありますことをお祈りするとともに、役職員が一丸となり職務に励むことをお誓いし、新年のご挨拶といたします。