FC2ブログ

珠算指導者講習会(道北) 演題:開法の指導方法について 

珠算指導者講習会(道北)
演題:開法の指導方法について

 7月29日午後2時から、支部事務所において珠算指導者講習会が開催されました。

写真3(珠算指導者講習会・平成30年7月29日)

 当日は支部総会終了後、山本副支部長が講師をつとめ「開法の指導方法について」という演題で始まりました。

 先生方は理解はしているものの、そろばんをはじきながら講師と一緒に勉強していました。

 また、開法には7種類の解き方があるということを初めて知った先生も多いように思われました。 
 
 開立については忘れかけている先生もいて、改めて理解をしていたようとなりました。

 当日は旭川市では珍しく気温が34℃まで上昇し、汗をふきながらの講習会でした。

 途中でメロンの差し入れ等もあり、和やかな雰囲気のうちに終了し、懇親会に移りました。

 参加者は26名でしたが、講師と一緒に勉強することで一層次期の講習会の参加者が増えるように思いました。

小学校現職教員珠算研修会(兵庫県) ~先生が学ぶそろばん授業~ 

小学校現職教員珠算研修会(兵庫県)
~先生が学ぶそろばん授業~

 そろばんの指導法を小学校教員が学ぶ「小学校現職教員珠算研修会」が8月10日、神戸市勤労会館で開かれました。

IMG_0781.jpg
IMG_0775.jpg
IMG_0765.jpg
IMG_0758.jpg
IMG_0724.jpg

 神戸市の現職小学校教員7名が参加し、支部会員の間部佳苗先生を講師に、『教材「たのしいそろばん」を使った珠算初歩指導』というテーマで先生流指導法を、教員たちは生徒役となって受講しました。

 講習は、クイズを取り入れた初歩指導法で、教員のみならず我々珠算指導者も楽しく学びました。

 その中からここでクイズを1問。

問題「ソロバンの玉は何の木で作られているでしょう?」

1.カバの木
2.ゾウの木
3.キリンの木
4.トラの木
(正解は省きます)

のような子供の心をつかむクイズが満載でした。

 参加された教諭は「とても楽しくてわかりやすかった。私もクイズを授業に取り入れたい」と話していました。

 研修後半は、尼崎市の杭瀬小学校のそろばん授業風景をDVDで観ました。
  
 尼崎市立の41校全ての小学校では、計算科として3・4年でそろばんが必修になっていて、1年間で50時間教えられています。

 そろばんを取り入れた計算特区になってから、算数だけでなく他の科目の学力も上がっているそうです。

 研修後、滝本副支部長より小学校教員に履修証明書が手渡され、研修会が終了しました。

 例年小学校講師派遣の要請が大変多く、今年は神戸市の75校に制限し、派遣事業を進めることになりました。

珠算指導者講習会(佐賀県) 演題:ピアジェ式心理学に学ぶゲームこそ上達の近道 

珠算指導者講習会(佐賀県)
演題:ピアジェ式心理学に学ぶゲームこそ上達の近道

 佐賀県支部では毎年8月に開催する珠算指導者講習会を19日佐賀市立図書館において、宮崎県支部長で自らも塾を38年間経営されている中窪豊秋先生をお招きし、ゲームを取り入れた指導法の講習を受講しました。

1

 近年は小学生になる前から子供にそろばんを習わせる親が増加しています。

 塾通いの低年齢化が進む中、そろばんの技術に加え、空き時間には数学能力や社会性が身につくとされる数字やおはじきを使ったゲームを勧め、そろばん指導を面白くと、心掛けていることを紹介されました。

 5目並べならぬ「3目並べ」と呼ばれるゲームや、かけ算をしてビンゴゲームのように数字が書かれた紙をひとマスごとに埋めるゲーム等を実践されました。

 計算のできない子が増えている中、低学年向けのわかりやすい指導について「読み・書き・そろばん」をもう一度原点に返って考える必要があると力説されました。

 かけ算・わり算指導には必ず確かめ計算に力を入れている等再確認する内容でした。

 講習会には、県内の指導者約20名が参加しました。

 内容の深さに満足し「ピアジェ式指導法」を早速取り入れたいと意気込んでいました。

 これからもよりよい講習会を実施していきたいです。

珠算指導者講習会(青森県) 演題:指導に困ったときのQ&A 

珠算指導者講習会(青森県) 
演題:指導に困ったときのQ&A

 8月19日、青森市浅虫温泉において青森県支部珠算指導者講習会が、パネル討議「指導に困ったときのQ&A」という演題で開催されました。(受講者72名)

  支部総会・指導者講習会平成30年8月19日 001 (21)
  支部総会・指導者講習会平成30年8月19日 001 (20)

 パネラーは福田洋子(青森地区)、村元柳子(弘前地区)、小川原光治(三沢地区)の三氏。

 座長を能登金文研修部長(八戸地区)が務めました。

〇初歩指導
 6~9のひきざんでは分けてひくか同時にはらうか、2桁のたしざん、ひきざんで10の位を理解させるには(1の位からおく生徒がいた場合)どのように説明し理解させるかについて各パネラーが指導経験を話しました。

〇5の合成分解・10の合成分解どちらから指導するか
 1年生や幼児は10の合成分解の方が理解しやすいのではないか。たせない・ひけないという言葉を安易につかってはいけない。教材の選び方が大事で拒否反応をおこすことのないようにする等の意見が述べられた。

 会員からの質問コーナーでは、

〇初級でつまずいたときどのように練習させているのか
〇フラッシュ暗算の導入時期はいつ頃か、導入で苦労したことは何か
〇フラッシュ暗算を導入してよかった点

などについて意見交換がなされました。

 今回は初歩15級から10級までの指導上困ったことについてパネラーを中心に、参加した先生方も一緒に解決方法を探りました。

 2時間という時間の制約があり10級で終了となったため、9級からのQ&Aを次回開催することとなりました。

珠算指導者講習会(岡山県) 演題:検定試験委員委嘱講習会 

珠算指導者講習会(岡山県)
演題:検定試験委員委嘱講習会

 6月3日、岡山ふれあいセンターにおいて行われた検定試験委員委嘱講習会に参加しました。

A_20181018163701bfb.jpg

 本部理事・検定競技委員会副委員長である、山戸克弘先生のとてもわかりやすい説明でまじめに楽しく学べました。

 私は恥ずかしながら珠算教育士と検定試験委員委嘱制度を混同して考えていたようです。

 珠算教育士を取得すれば、そんなに講習会を受講しなくても大丈夫だと思っていました。

 しかし実際は4年ごとに受講しないと次の年に検定をすることができなくなると説明されました。

 山戸先生が話されることの中で気が引き締まったのは、「今の時代、一人の先生が生徒や保護者に不信感を与えるようなことをすれば、先生・支部などを飛ばして本部・文部科学省などへ苦情がいくこともある」という言葉でした。

 今一度自分自身を客観的に見つめてみようと思う、よい機会をいただいた3時間でした。

珠算指導者講習会(三重県) 演題:フラッシュ暗算導入について 

珠算指導者講習会(三重県)
演題:フラッシュ暗算導入について

1528685559247.jpg

 三重県支部ではフラッシュ暗算段位検定試験の実施に伴い、その練習と段位取得までの実力を養成する級位検定試験実施の機運が高まり、フラッシュ暗算ソフトの使用方法についての講習会が必要となってきました。

 そこで、フラッシュ暗算ソフトの使い方を習得することを目的に指導者講習会を開催しました。

 内容は1回2時間の3回。

 第1回(2月)がフラッシュ暗算ソフトの体験。

 第2回(4月)はソフトの使い方と検定試験の実施方法。

 第3回(6月)を証書発行などの生徒管理について、としました。

 また、各回ともパソコン操作に不慣れな会員のために基本操作の練習も取り入れ、機器に慣れていただくことも目的に加えました。

 この講習会での収穫はパソコンにふれたことのない高齢会員の前向きな気持ちであり、課題としてはプロジェクターなどの機器操作を克服して、段位検定試験会場をいかに増やすかです。

 これからもこの講習会を継続していきたいと思っています。