珠算優良生徒表彰式典 於:千葉県 

珠算優良生徒表彰式典
於:千葉県

 3月5日、早咲きの桜に彩られた千葉県青少年女性会館(千葉市稲毛区)を会場に、平成28年度千葉県支部珠算優良生徒表彰式典が開催されました。163名の優良生徒がご来賓・保護者が見守るなか、藤田千葉県支部長より表彰楯を授与され表彰を受けました。

優良生徒(千葉県)3

優良生徒(千葉県)1

 表彰に先立ち支部長挨拶、ご臨席いただいた衆議院議員・門山ひろあき氏、参議院議員・猪口邦子氏(代理)、千葉県議会議員・臼井正一氏よりご祝辞を頂戴いたしました。

 参議院議員の石井準一氏、猪口邦子氏からは祝電も頂戴いたしました。

 式後には「そろばんの過去・現在・未来」について日本そろばん資料館学芸員・太田敏幸氏(千葉県支部会員)のご講演があり、さらにフラッシュ暗算を出席者一同で楽しみ表彰式は終了しました。

珠算優良生徒表彰式典 於:京都府 

珠算優良生徒表彰式典
於:京都府

 珠算優良生徒表彰式典が京都府で催されました。

IMG_0719_convert_20170421093758.jpg

IMG_0720_convert_20170421093820.jpg

珠算優良生徒表彰式典 於:滋賀県 京大生の体験発表とフラッシュ暗算で盛大に 

珠算優良生徒表彰式典 於:滋賀県
京大生の体験発表とフラッシュ暗算で盛大に

 平成28年度優良生徒表彰式が3月12日、午後1時から近江八幡市文化会館に於いて、県下の各塾から推薦された塾生261名と保護者、家族の参加により盛大に行われました。

滋賀1

滋賀3

滋賀2

 第1部では、開式の言葉に続き全珠連歌を全員で斉唱し、来賓の方々よりご祝辞をいただきました。

 本部表彰82名に表彰状と記念トロフィー、支部表彰179名に表彰盾が贈られ、名前を呼ばれた生徒たちは、一人ひとりが元気な声で返事をし、満面の笑みで表彰を受けました。

 生徒代表が謝辞を読みあげると、会場からは、日々の努力を称え拍手が送られました。

 第2部では、京都大学在学中の竹久晃平氏による「そろばんの力」という演題の体験発表をしていただき、参加者はそろばんのすばらしさ、長く続けることの大切さを再度確認しました。

 その後、全員参加のフラッシュ暗算とビンゴゲームで楽しく過ごし、参加賞を手に散会しました。

珠算優良生徒表彰式典 於:徳島県 

珠算優良生徒表彰式典
於:徳島県

 珠算優良生徒表彰式典が徳島県で催されました。

IMG_4237_convert_20170421094244.jpg

IMG_4214_convert_20170421094201.jpg

IMG_4236_convert_20170421094225.jpg

珠算指導者講習会 演題:臨機応変的な珠算指導(みんなちがってみんないい) 

珠算指導者講習会
演題:臨機応変的な珠算指導(みんなちがってみんないい)


 2月26日、ワークプラザ岐阜において、山田功三先生(愛知県)を講師に招き、「臨機応変的な珠算指導」(みんなちがってみんないい)との演題で珠算指導者講習会が開催されました。

蟯宣・DSC00493_convert_20170420165834

DSC00488_convert_20170420165758.jpg

 珠算指導においては「珠算技術に基づいた暗算重視の指導」「固定概念にとらわれず、とりあえずやってみるトライ精神」「生徒ごとに個別の指導法があってもいい」の3つのコンセプトを重視しているとのことです。

 大学卒業後、7年間の営業マンを経て父親の珠算塾を引き継いだ経緯から、固定概念にとらわれない指導法の確立を目指し、具体的には「運指」「かけざん・わりざん指導(片落としから両落とし)の変更」「イラストを活用したイメージ化指導の導入」。

 臨機応変的な珠算指導の項では、「男性脳・女性脳」「利き目」など脳科学分野にも言及され、保護者からの意見提供で子供の背景を知るなど、個々に対応した指導の必要性が語られました。

 途中、スクリーン映像を撮影する受講者が多く、視覚に訴える講習会だったとの印象が残りました。

第63回全国珠算研究集会・珠算指導者教養講座 

第63回全国珠算研究集会
珠算指導者教養講座


 3月26日、上野学園ホール(広島県立文化芸術ホール)において第63回全国珠算研究集会が開催され、全国各地より700名を超える珠算関係者が集まった。また、前日25日には広島県民文化センターにおいて珠算指導者教養講座が開催された。

(主催 公益社団法人全国珠算教育連盟・後援 文部科学省・広島県他) 


IMG_0379_convert_20170523090624.jpg

<第63回全国珠算研究集会>

・パネルディスカッション
将来への展望 -新応用計算を考える-

<パネラー>
福井 衛 氏(徳島県)
松岡 茂雄 氏(群馬県)
立花 晴美 氏(兵庫県)
髙梨 和司 氏(静岡県)

<コーディネーター>
前田 珠樹 氏(愛知県)

IMG_0697_convert_20170511131901.jpg

 指導経験・指導実績も豊富なパネラーは現在までの応用計算の変遷をしっかりと検証したうえで、将来に向けての応用計算のあるべき姿、その方向性を提案していただいた。

・講演
自ら考え行動する力を育むボトムアップ理論 ~自立型組織を目指して~

<講師>
一般社団法人ボトムアップパーソンズ協会
代表理事 畑 喜美夫 氏

IMG_1612_convert_20170511131918.jpg

 指導する高校サッカー部をインターハイ初出場初優勝に導いた「選手主役のボトムアップ理論」。同じ教える者として大いに参考になる、実践的で示唆に富んだ貴重なお話であった。

・実践発表
保育園におけるそろばん指導について ~年長児を対象とした集団授業の方法と実践~

<発表者>
真栄 喜貴弘 氏(福岡県)

IMG_1628_convert_20170511131931.jpg

 年々低年齢化が進む珠算学習者。今後、多くなると思われる「就学前児童に対する指導」という課題について、効果的な指導法をご開示いただいた。大いに参考になる発表であった。 


<珠算指導者教養講座>
10代の心模様と対応のコツ

<講師>
広島市教育委員会スクールカウンセラー
勝部 奈美 氏

DSC01080_convert_20170511131839.jpg

 研究集会前日は花冷えの広島、広島県民文化センターにおいて講師に臨床心理士で広島市教育委員会スクールカウンセラーの勝部奈美先生を迎え「10代の心模様と対応のコツ」と題しての平成28年度珠算指導者教養講座が開催された。
 10代前半の思春期の子供をあずかる珠算指導者にとって、どれも知っておくと普段の授業で役立つ講演であった。