FC2ブログ

世界の珠算教育事情(レバノン編) from 国際珠算普及基金 

世界の珠算教育事情(レバノン編)
from 国際珠算普及基金

表彰式
競技会参加選手
暗算競技の様子(2013年)
レバノン2017年ギネス記録大会の会場の様子
ギネス表彰
練習の様子

 地中海に面した中東・レバノンにおいても珠算教育は盛んに行われております。

 同国で最大規模の珠算教育団体Genius MAPは、子供たちの算数・数学の学力の向上を真剣に考えていた教育学博士ハディ・ハムザ先生が、珠算教育の効用に着目し2007年に開設しました。

 現在ではレバノンのみならず近隣のサウジアラビア、ヨルダン、UAEなどにも教育センターを開設し、全体で教育センター115か所、教師500人、生徒2万5千人以上を擁する、中東地域の珠算教育のトップランナーに成長した団体です。

 特筆すべきことは、2017年5月25日に同団体が開催した国際大会は、「ギネスに挑戦」という副題を掲げ、2,520名分の座席を一会場に準備して開催しました。
 
 大会当日、ギネスワールドレコーズ社の社員立会いの下でカウントしたところ2,467名の選手の参加を確認、記録達成が承認されて、表彰式においてギネス記録証が発行されました。

第44回新算数教育研究会湯河原セミナー 

第44回新算数教育研究会湯河原セミナー

 新算数教育研究会主催の第44回セミナー(後援文部科学省)が12月26・27日の両日、静岡県ニューウェルシティ湯河原にて開催され、全国より教員を目指す大学生から経験豊かなベテランの教員まで280名が参加しました。

20191226_044826243全国珠算新聞用

 本年の研究テーマは「算数の深い学びをつくる-数学的に考える資質・能力を育成する授業のあり方-」で、内容は以下の通りです。

第1日目
①シンポジウム「深い学びを考える-数学的に考える資質・能力を育成する授業のあり方-」
②深い学びをつくる授業づくり講座
・数と計算:数と計算領域で目指す深い学びをつくる授業-学びの過程としての数学的活動-
・図形:第4学年の面積単元における等積変形のアイデアの指導
・測定:測定
・変化と関係:蝶の羽ばたきはトルネードを引き起こすか-新領域「変化と関係」の趣旨と授業づくり-
・データの活用:「データの活用」領域の「深さ」を考える
第2日目
各支部からの提案による分科会
【第1分科会】数と計算1
【第2分科会】数と計算2
【第3分科会】図形1
【第4分科会】図形2・測定
【第5分科会】変化と関係・データの活用

5つの領域による実践発表が各会場で実施されました。

 小学校新学習指導要領の全面実施直前となる本年は、深い学びについて焦点をあてた内容でした。

 一面的ではなく、多面的にとらえ数学的な見方・考え方を働かせ、子供の気づきを大切にして、上手くコントロールしゴールに導くことが重要です。

 授業実践を中心に、シンポジウム・授業づくり講座・分科会など、2日間にわたり活発な議論が交わされた内容の濃い研究会でした。

新型コロナウィルスに負けるな!手洗い促進ポスター配布 

新型コロナウィルスに負けるな!
手洗い促進ポスター配布

_(002)_convert_20200317174912.jpg

 新型コロナウィルスが世界的に流行し深刻な影響を及ぼすなか、皆さんご存じの通り感染防止にはまだまだ予断を許さない状況が続いています。

 専門家からも提言されている通り、ウィルス感染の予防には徹底した手洗いが欠かせません。

学校に行ったらまず手洗い!
家に帰ったらまず手洗い!
塾に行ったらまず手洗い!


 一人ひとりが高い意識を持てば、必ず感染は最小限にとどめられると思われます。

 連盟では皆さんの手洗い促進の一助とすべく、ポスターを作成しました。

 以下よりご自由にダウンロードし、是非とも有効にご活用ください。

>>>ダウンロードはこちらから
※営利を目的とした不特定多数への配布はご遠慮ください。

珠算指導者講習会 於:東京都 

珠算指導者講習会(東京都)
演題
①『そろばん日本一になるまで』
②『珠算式暗算、個珠連珠固珠の進化形態と怖さ』

 東京都支部では夏の総会時に本部・支部主催の指導者講習会が毎年開催されています。また新たに会員による会員のための講習会として「ミニ講習会」が加わりました。

_convert_20200309105149.jpg

 12月20日、支部会館3階大会議室において、会員55名の参加により10~12時迄開催されました。

 講師は常任委員で競技副部長の小林一人先生(中野地区)でした。
 
 前半の『そろばん日本一になるまで』では珠算人生について語られました。

 断固たる信念を持ち、想像を絶する練習量と努力により見事日本一となられたその姿勢には感動いたしました。

 後半は『珠算式暗算、個珠連珠固珠の進化形態と怖さ』と題し、珠算式暗算の指導で「無意識」に珠を動かすことの大切さを力説されました。

 基礎基本をしっかり指導することの重要性を改めてご指導いただきました。

 講師の珠算指導への姿勢と経験に裏付けされた講習には説得力があり、大変有意義な講習会でした。


はじき初め大会 於:大阪天満宮(大阪府) 

はじき初め大会
於:大阪天満宮(大阪府)

 1月3日、冬晴れの空が美しく、少し暖かさも感じられる朝、日本三大祭りの一つである天神祭で有名な大阪天満宮において、今年で37回目を迎える『新春はじき初め大会』が執り行われました。

DSC_0195 2
DSC_0157 1

 早朝にもかかわらず、子供たちや保護者の方々の長蛇の列を見ると、珠算に携わる人間として格別な思いとなりました。

 楼門をくぐり、本社に向かって右手に設置されたはじき初め会場では、長~いそろばん(1.8m127桁)が参拝客の目を引く中、午前9時過ぎに、子供たちが配布された鉢巻きをぎゅっと頭に締めて入場してくると、大いに盛り上がりました。

 神主のお祓いを受けた後、珠算上達や学力向上を祈願し、3桁5口の読上算に挑戦しました。

 初めて見る長そろばんに笑みがこぼれながらも、真剣な表情でパチパチとそろばんをはじき、正解が読み上げられると歓声をあげる子供たちの姿を、参拝客も笑顔で見守っていました。

 今年も、外国人珠算受講生による英語読上算が行われ、またタイ語・フランス語・中国語で数字の読上げが行なわれると参拝客も興味津々な面持ちで聞き入っていました。

 約800名が参加し、大盛況に終わりました。

はじき初め大会 於:北野天満宮(京都府) 

はじき初め大会
於:北野天満宮(京都府)

 1月5日、学問の神様菅原道真公が祀られている北野天満宮で恒例の新春『そろばんはじき初め』が開催されました。

IMG_0488_convert_20200304093408.jpg
IMG_0470_convert_20200304093340.jpg
DSC_0292_convert_20200304093318.jpg
DSC_0285_convert_20200304093248.jpg
DSC_0282_convert_20200304093224.jpg
DSC_0272_convert_20200304093137.jpg
DSC_0271_convert_20200304093044.jpg

 小雨がぱらつくなか、京都府支部会員及び京都珠算振興会会員の教室に通う250名余りの生徒が参加しました。

 本殿に昇殿し、上達祈願や学力向上のご祈祷をしていただいた後、屋外でお楽しみ抽選会と、大型スクリーンでのフラッシュ暗算を楽しみ、『はじき初め』に移りました。

 前列に5.5m400桁1丁、後列に1.5m127桁3丁のそろばんを並べて、20名ずつで行った読上算では、長~いそろばんにわくわくする姿、読上算を聞き漏らすまいと集中する姿、初めての読上算にどきどき・きょろきょろする姿、その子供たちを見守る保護者や参拝者の姿とさまざまな姿が見られ、そのどれもが暖かいやさしい気持ちになるものでした。

 『はじき初め』の終わった人から、上達賞を受け取り、記念品の絵馬に願い事や目標を書いて奉納しました。